企業というのはどのようなものかを知る時間

なかなかイメージを持ちにくいかもしれませんが、社会人と学生はすべきことへの取り組み方が違い、評価をされるポイントも異なります。
学生の場合結果が出せなくても結果に至るまでの過程を評価されることがありますが、基本的に社会人は過程よりも結果を重視されます。
どんな過程を下手としても結果が良ければ全て良い、というわけではないですが、それでも結果を出したことを大きく評価されるのです。
つまり、会社に入るというのはこれほど大きな違いがあり、学生ではイメージが持ちにくい世界に飛び込むわけですから早くから企業というものがどんなものかを知っておかなければエントリーシートを書く段階で躓いてしまいやすいのです。
特に面接は学生の答えにどんどん突っ込んできますので的確に返せないと雇う価値なしと見做されてしまいます。
当然その会社がどのようなところかも業界研究を行う以上に知る必要があるので、この準備に大

新規会員登録はこちら
ページトップ