就活における面接で重要なポイント

就活で第一志望の企業から内定を頂くためには、面接で採用担当者に良い印象を与えることが大切です。面接において、重要なポイントについて紹介していくので、参考にしてみてください。

・志望動機について

就活における面接の場面で、ほとんどの企業が質問する「志望動機について」は、企業との価値観や社風がマッチしているのか、確認したいという目的が企業にはあります。

具体的な志望動機を伝えるほど、企業から真剣さを感じてもらうことができるので、事前に第一志望の企業の社風などを確認しておき、適切な回答を用意しておくことが大切です。

・声の大きさ、トーンについて

初めての就活では、緊張してしまっている方も多いでしょう。そんな時に注意しないといけないのが、声の大きさやトーンについてです。

どれだけ面接の内容がしっかりしていても、声が小さく、覚えてきたことだけを話すような抑揚のない話し方では、面接官の心には響かないでしょう。

面接では、採用担当者が聞き取りやすいような声の大きさで、話すスピードについても、適切であることが重要です。

声の大きさやトーンが、客観的にどう聞こえるのかわからないという方は、模擬面接を実施して、その様子を撮影してみてください。その後、撮影した内容を見返し、悪いところを改善すれば、聞こえやすい話し方を実現することができます。

就活における面接で重要なポイント

就活面接でのNG行動

就活面接では、印象が悪くなってしまうNG行動があります。採用される可能性を高めるためにも、就活面接でのNG行動を把握し、悪い印象を企業側に与えないようにすることが大切です。

・用意してきた回答だけを話す

初めての就活では、どのような質問をされるのかわからないことから、ある程度、自分で考えた回答を用意しておくことがあります。その際に注意したいのが、用意した回答だけに捉われないということです。

面接で回答する内容を丸暗記してしまうと、意識するあまり、噛んでしまったりすることが多くなるので、企業側の印象が悪くなってしまう恐れがあります。

ある程度は、どのような回答をするのか用意しておくことは重要なので、箇条書きで要点だけを暗記するといった対策を行っておく方がいいでしょう。

・志望動機が不明瞭

面接における志望動機は、企業の社風とマッチしている内容であることが望ましいでしょう。しかし志望している企業の社風に、あまり関係のない志望動機の場合、採用されない可能性があります。

志望動機は明確に伝え、意味のある内容を用意しておくことが大切です。

・服装に清潔感がない

基本的に、企業の面接ではスーツで受ける必要があります。その際に、スーツにシワがある状態では、清潔感がなく、悪い印象を採用担当者に与えてしまうでしょう。

また髪型についても、ボサボサの状態では、清潔感がないと判断されるので、しっかりと整えるか、髪型が乱れないように髪をセットしておく必要があります。

面接において、身だしなみを整えることは基本なので、採用される可能性を高めるためにも、服装や髪型は清潔感を与えるものにすることが大切です。

・御社は第一志望ではないと言ってしまう

真面目な就活生ほど、面接に来た企業で「弊社は第一志望ですか?」との質問に、第一志望ではないと正直に言ってしまうことがあります。

第一志望ではなくても、嘘をついて御社が第一志望と伝えることが重要なので、社会的な振る舞いができるようにすることが大切です。

就活面接でのNG行動

就活では面接の立ち振る舞いが採用可否に影響

就活の場面では、面接での応対や第一印象で採用可否が判断されることがあります。それほど、面接は重要な要素を秘めているので、NG行動を引き起こさないように、注意することが大切です。

履歴書の内容で、採用担当者が魅力を感じていなくても、面接の段階で、話し方や対応に魅力を感じた場合には、採用されることもあるので、第一志望の企業に内定を頂くためにも、面接を大切にすることが重要になります。

就活では面接の立ち振る舞いが採用可否に影響

まとめ

初めての就活では、緊張する方も多いことから、声が小さくなってしまうこともあるでしょう。そうならないためにも、今回紹介した面接に重要なポイントやNG行動を把握して、採用担当者に良い印象を与える方法を理解しておく必要があります。

何度も面接練習を行い、場数を踏むほど面接がうまくなるので、模擬面接を行っておくことも重要です。

面接の基本である、服装や髪型を整え、自信を持って面接に向けて対策を講じていきましょう。

面接の場で質問されることが多い内容を抑えておくことも大切ですが、丸暗記にならないように箇条書き程度に要点をまとめる程度にしておいてください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ