就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 0SCORE

就活の敗因は?~高学歴・体育会系でも失敗してしまう理由とは

就活の敗因は?~高学歴・体育会系でも失敗してしまう理由とは

就活において、企業は優秀でリーダーシップのある人材を獲得したいと思うことから、多くの就活生と面接を行います。その際に、高学歴で体育会系の人材であれば、企業にとって理想的な人材であると言えるでしょう。

しかしそんな高学歴・体育会系の人材でも、就活に失敗してしまうことがあります。その理由と、失敗しないための対策とはどのようなことが考えられるのか紹介していきましょう。

高学歴や体育会系でも就職に失敗してしまうことがある理由

就活の場面において、高学歴というのは優秀な人材である証明になるため、就活では有利とされています。また体育会系であれば、学生時代に力を入れたことなどの強い意志を伝えることが可能です。

しかしそんな高学歴で体育会系でも、就活に失敗してしまうことがあります。その理由は、「油断」や「志望する企業」に関係していると言えるでしょう。

まず自分は高学歴で体育会系として、活躍することが出来ていることから、採用してくれる企業はあるだろうと、余裕をもって就活に臨んでしまう点です。

高学歴で体育会系の人材であったとしても、企業の採用担当者は面接での対応を見て、採用可否を判断することも多いため、今までの経歴だけでは意味がないこともあります。

そんな油断から、ビジネスマナーを疎かにしてしまったり、志望する企業を絞ることで、内定がもらえなくて困るといった状況に陥ってしまうことがあるのです。

志望する企業についても、自分が希望している職種以外は受けないという方法も、高学歴・体育会系の方でも、就活に失敗してしまう理由の一つになります。

大手企業などは、競争率も高いことから、高学歴で体育会系の方でも、内定がもらえたら運がよかったと思われるほど、レベルが高いのです。

そういった油断や志望する企業を選り好みしてしまうことが、就活で失敗してしまう理由になります。

高学歴や体育会系でも就職に失敗してしまうことがある理由

就活でうまくいくと勘違いしてしまって失敗する人の特徴

就活の場面では、誰でも一生懸命に面接やビジネスマナーを意識して覚えようと努力をします。しかし中には、就活でうまくいくと勘違いしてしまって、失敗する方もいるでしょう。

そういった方は、自分のことを客観的に理解することが出来ていない可能性があります。

高学歴・体育会系の方で、就活に失敗してしまう方の特徴は、他の人と比較することで、本来の自分の長所や短所について把握し切れていない可能性があるのです。

学歴などのステータスにこだわり、自分の魅力がわからないことから、就活の場面で自分のやりたいことを見失ってしまうことがあります。

就活でうまくいくと勘違いしてしまって失敗する人の特徴

就活で失敗しないための対策

就活では、高学歴・体育会系の方でも失敗してしまうことがあります。そうならないためにも、まず基礎的な部分からしっかり固めていくことが大切です。

電話やメールのマナー、ビジネスマンとして重要なことを意識して、採用担当者の方と接していく必要があります。

ま志望する企業は、大手企業や同じ職種だけでなく、様々な企業に面接に行くことを意識してみましょう。

大手企業や同じ職種にこだわってしまうと、一つも内定がもらえないといった事態に陥ってしまう恐れがあります。

内定がもらえない可能性も考えておき、いくつかの企業に面接をしに行き、場数を踏んでいきましょう。

就活で失敗しないための対策

就活生に伝えたいこと

就活は、どんな学歴の方でも失敗してしまうことがあります。誰でも、最初はうまくいくことはないでしょう。そのため、内定が取れないからといって、落ち込む必要はありません。

ただなぜ内定が取れなかったのか、敗因を分析して、次の企業との面接に臨む際に、改善することが大切です。

失敗からの学びは、自分の課題発見力と問題解決力に繋がっていくので、無題になることはありません。

また失敗して、自分の中で気持ちが整理できない場合は、ノートに気持ちを吐き出してみたり、気分転換をしてリラックスすることも大切です。

張り詰めた状態の中では、同じようなことしか考えられなくなり、自分を追い詰めてしまう傾向にあります。

一度頭をリセットして、自分に何が必要なのか改めて考えてみましょう。

就活生に伝えたいこと

まとめ

就活は、高学歴・体育会系の方でも失敗してしまうことはあります。特に、内定が取れるという油断や志望企業を絞るといった行為は、内定がゼロになるリスクを高めてしまうので危険です。

大切なのは、基礎的な能力を向上し、失敗した時のことも考えておくということなので、一度失敗しても改善点を見つけて、他の企業に面接に行くといった姿勢を見せることが重要になります。

反対に、学歴に自信がない方でも、ビジネスマナーなどがしっかりしていれば、面接の場面で好印象を与えて採用される可能性が高くなるでしょう。

就活の場面では、自分を客観的に見つめ直し、何が足りないのかしっかり分析していくことが大切です。

失敗しても、次に繋げることが就活では強みになるので、よく考えて行動していきましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ