最終面接の結果が遅い場合に考えられる理由

ここからは、最終面接の結果が遅い場合に考えられる理由をくわしく解説します。最終面接の結果が遅いだけでは落ちているかどうかはわかりません。そのため、最終面接の結果が遅くて不安な方は以下の項目を参考にしてください

最終面接の結果が来るのは1週間以内が多い

最終面接の結果が来るのは1週間以内が多いです。最終面接の結果が遅いと不安ですよね。しかし、1週間ほど連絡が来ないからといって必ずしも落ちたというわけではないので心配しなくてもいいでしょう。

また、中には1週間~10日くらい結果が送られて来ない場合もあります。そのため、10日以上待ってみてそれでも連絡が来ない場合は問い合わせるといいでしょう。

学生の精査に時間がかかっている

最終面接の結果が遅い場合は、学生の精査に時間がかかっている場合があります。企業によって事情は異なりますが、魅力的な学生が多くて選ぶのに時間がかかっていることも多いです。

全員の選考が終わってから結果を出す

企業によっては全員の選考が終わってから結果を出すところもあります。そのため、企業から結果が届くの遅めでもある程度待ってから問い合わせた方がいいです。また、採用担当者もたくさんの学生を相手にしているので、結果が遅くなっていることに関しての連絡も遅くなっている場合があります。

さらに、面接の時にいつごろ結果を送るかの説明を受ける場合があるので、メモを取っておくといいです。メモを取るのは社会人になってからも必要になるスキルなので、メモを取ることに慣れておくといいです。

最終決定権者のチェックが終わっていない

最終面接の結果が遅い場合は、最終決定権者のチェックが終わっていない可能性があります。企業の場合は、最終決定権のチェックが終わっていないと選考の結果を送れないことがあることを知っておくといいです。

また、規模が小さい企業は採用担当者が少ないと結果を出すのに時間がかかってしまいます。特に、企業が繁忙期の時は社員の対応にも追われている可能性が高いので、例年どのくらいで結果が返ってくるかを調べておくといいです。

サイレントお祈りの場合もある

最終面接の結果が遅い場合は、サイレントお祈りの可能性もあります。企業によってはお祈りメールを送らずに落とされることもあるので、2週間以上連絡が来ない場合は次の企業の準備をしましょう。
また、面接のときに選考結果合格者しか連絡しませんと言われる場合もあるので、しっかりチェックしてください。面接の結果が来ないことが待てないからといって企業に問い合わせるのではなく、選考方法を確認しておくといいです。

最終面接の結果が遅い場合に考えられる理由

最終面接の結果を電話で受ける場合の注意点

ここからは、最終面接の結果を電話で受ける場合の注意点についてくわしく解説します。企業によってはメールではなく電話で結果を知らされる場合もあります。そのため、結果の知らされ方をしっかりチェックしておくといいです。

いつでも電話に出られるようにしておこう

最終面接の結果を電話を受けるときは、いつでも電話に出られるようにしておくことが重要です。また、1次面接や2次面接はメール結果を送る場合もありますが、直接内定に関わる結果は電話で来る場合があります。

そのため、メールの通知だけでなく電話の通話設定を見直しておくといいです。非通知設定にしておくとどこからかかってきたかわからないので、電話番号は必ず登録しておきましょう。

出られなかった場合は早めに折り返そう

採用担当者からかかってきた電話に出られなかった場合は、できるだけ早く折り返した方がいいです。できるだけその日のうちに折り返しておかないと、結果を聞く意思がないと見なされてしまう場合があるので注意してください。

さらに、電話を折り返すときには出られなかったことに対する謝罪を述べましょう。採用担当者も忙しい時間をぬってかけてくれているので、敬意を示すためにもしっかりと出られなかったことに対する謝罪を述べましょう。

電話に出る場所に気を付けよう

企業から結果の電話に出る場所にも気をつけましょう。騒がしいところで電話に出てしまうとやり取りがスムーズにできない場合もあります。そのため、合否の連絡が来る日時が決まっている場合はできるだけ静かに電話を受けられる場所に待機しているようにしましょう。

合否の連絡では今後の日程や提出書類についても説明されるので、メモとペンを用意しておくのがポイントです。提出書類の中には提出しないと内定が確定しないものもあるので忘れないように気を付けてください。

留守電設定をしておこう

最終面接の結果を電話で受けとる予定があるときは、留守電設定をしておくといいです。電話に出られない場合でも留守電で電話に出られない旨を伝えられるようにしておけば採用担当者にわかってもらいやすいのでおすすめです。

さらに、留守電設定に電話に対応できる時間を残しておけばあとからかけ直したときの印象もよくなるので参考にしてください。

メモとペンを準備しておこう

最終面接の結果を電話で受ける場合は、メモとペンを用意しておきましょう。最終面接の結果を伝えられるときには今後の日程や提出書類についても説明されるので、必ずメモを取れるようにしておいてください。

最終面接の結果を電話で受ける場合の注意点

最終面接の結果に結果に対する受け答え方

内定を承諾する場合・保留する場合・辞退する場合で受け答え方は異なるので、以下の答え方を参考にしてください。スマートフォンには留守番電話を管理してくれるアプリもあるので、電車のなかでかかってきてしまった場合でも安心です。

内定を承諾する場合

最終面接の結果を承諾する場合は、まずお礼を述べて内定を承諾する旨を伝えます。このとき、承諾する旨だけでなく入社の意欲を伝えるといいです。また、今後の予定についてもしっかりと確認しておきましょう。
その場で内定後の流れを確認しておくと、内定までの手続きがスムーズに行えるのでおすすめです。スムーズに手続きを行うと採用担当者に良い印象を与えられます。

内定を保留する場合

最終面接の結果を保留する場合は、まず連絡をくれた採用担当者に対してお礼をします。そして、保留の旨とその理由を述べましょう。さらに、いつまでに返事をするという期限の提示をしてください。期限の提示をしないと採用担当者は他の人を選んでしまう可能性があるので注意してください。

内定を辞退する場合

最終面接の結果を受けて内定を辞退する場合は、まず連絡をくれた採用担当者に対してお礼を述べます。そして、辞退の旨と辞退の理由を伝えましょう。
さらに、最後にはありためて連絡をくれたことや面接の時間を取ってくれたことに対しての感謝を述べるといいです。そして、しっかりと辞退する理由を述べると人事の方も納得しやすくなります。

最終面接の結果に結果に対する受け答え方

まとめ

今回は、最終面接の結果が遅い理由について解説しました。最終面接の結果は1週間~10日くらい来ないこともあるので、予定を過ぎたからといって直ぐに問い合わせるのは避けた方がいいです。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ