事務職について

事務職の主な仕事内容は会社によって異なりますが、オフィスワークの基本中の基本が殆どです。
具体的には下記のようなものがあげられます。

・電話やメールの対応

会社の顔となることも!
取引先からの電話対応は責任もって対応するようにしましょう。

書類作成

会社が用意している雛形のテンプレートに、必要な情報を入力していくのが主な仕事内容になります。

具体的には会議用の資料や会社のイベント案内情報、決算の書類などがあげられます。

ファイリング

作成済の書類を種類別、日付別などと分類してファイルに収納していく作業になります。

会社でのイベント情報の証拠にもなるので誰が見ても分かりやすいように整理し保存しておく必要がございます。

データ入力

日頃の売り上げなどをパソコンに入力していく仕事になります。

間違うと大変なことになりかねないので正確性が必要な仕事といえるでしょう。

伝票処理

お金の入金、出金、売上、仕入れなどを伝票に入力し整理していく仕事になります。

こちらもデータ入力と同じように間違えると大変なことになってしまうため正確性が重要な仕事といえるでしょう。

郵便物の発送

主に郵便物の発送や仕分けをしたりする仕事です。

会社に届いた郵便物を部署ごとに出したり依頼された郵便物の準備をしたりします。

来客の対応

会社に来客があった場合に会議室まで同行したり、待合室の準備をしたりする仕事です。時には飲み物を出したりすることもあります。

丁寧な心掛けが重要になります。

といった感じで、事務職の仕事は具体的には営業から依頼された資料を作ったり、部署の集計を行ったりするといったものがあげられます。基本的には細かい作業が多いため、ミスなく作業をこなせる人材が重宝されます。

企業が求める人物像を把握しておく

コミュニケーション能力をアピール

基本的に内勤とはいえ、最低限のコミュニケーションスキルは必要になります。かといって営業マンのように相手の心に刺さる話術などは必要ありません。

来客対応や外部とのやり取りが発生しますが、どっちかというと社内の人に用件を的確に伝えることがメインになります。

ですので、ここで求められるコミュニケーション能力とは、相手から依頼されたものを正確に理解し、仕事を遂行する能力ということになります。

パソコンスキルをアピール

パソコンスキルに関してはエクセルとワードを使いこなせるというのが必要最低限の条件です。

データを集計する際はエクセルの関数なども必要になってくるため、よりレベルの高いスキルが求められます。基本的な関数は押さえておいてアピールできるようにしておきましょう

志望動機を固める

志望動機を書く際には主に下記の点に注意して書いていきましょう。

どうして事務職に応募したのか
なぜ魅力を感じたのか
自分はどういった点で貢献できるか
志望する会社で働きたいことを伝える
自分にマッチしていそうだと伝える

⇩参考までに2017年の全日本空輸事務職のエントリーシートを載せておきます。

【選考通過ES実例】全日本空輸(事務職)

まとめ

いかがでしたでしょうか?事務職の志望動機を作成する際にはどちらかというと社会人として基本中の基本がしっかりとできているかが問われます。ですので高いスキルは必要ありませんが、明るい人柄や几帳面さなどを強調するといいでしょう。ぜひこういった点に注意して自分自身を上手く見せれるような志望動機を作成していきましょう!!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ