選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 71SCORE

内定をバンバン決める「スーパー就活生の特徴」

内定をバンバン決める「スーパー就活生の特徴」

内定の勝ち組は初めから決まっている!?

企業間の世界はどうできているのか簡単に言うと「顧客」「お金」を取り合うゲームです。
ゲームに負けるとどうなるのか…
倒産します。ゲームオーバーです。路頭に何百人もの社員を迷わせます。

ではその企業の持っているアイテム、強みは何でしょうか?
それは社員です。

ゲームに負けないためには優秀な、強い社員が必要なのです。

では就活生が内定を取るためにはどのようにすればいいのか?
簡単です。
「自分は優秀な強い役に立つアイテムですよ」と企業側に伝えられればいいのです。

ここからは
☆企業が考える優秀な人材とは
☆特にアピールできることがないが企業に自分が優秀だと伝えられる方法
について書いていきたいと思います。

ですので、以下では自分を優秀な人材と企業に伝えたいあなたのために書いた文章になっております。

企業が考える優秀な就活生の特徴

・体育会系の学生
 体育会系は上下関係がしっかりしていて、礼儀が身についている。
 一生懸命に取り組む人が多い。

・帰国子女や長期留学経験者
 グローバル化をしている今の世の中で、外国語を習得している人材と言うのは非常に企業としても手に入れたい人材。

・理系の大学院生
 理系の研究などでは根気、忍耐、繰り返す試行が重要になってきます。
 忍耐などがひつようとされる社会ではぜひともこのような能力を持っている人材がほしいですね。

企業が考える優秀な就活生の特徴

特にアピールできることがないが企業に自分が優秀だと伝えられる方法

こんな方おおいのではないでしょうか

「自分には何も自慢できることはない」
「何もやってこなかった」

そんなときに考えなおして見ましょう
・実はある!?
 たとえば
「アルバイト先にお客さんが全然来ないので、店長とお客さんを呼ぶ方法を考えた」
なんていうことないように見えますがこれは
お店の「PR」「マーケティング」ということをしているのです。
こう考えるとすごくないですか?
何気ないことでもアピールの要素になるので、もう一度、自分の学生生活を見つめなおしてみましょう。

・本当にない人…
 このような人はいないはずなのですが、どうしようもなく見つからない場合は、
 いまから作ってみるのはどうでしょうか
 いままで何もしていなかった人が、イベントを企画する。計画し、費用の計算をして、集客の方法を考え、実行する。これについての反省、学んだことを考える。
 このくらい1,2ヶ月あればできます。
 勉強は必要ですけどね。
 でも「なかったら作る」の精神でアピールポイントを作っていきましょう。

今回の記事は「内定をバンバン決める就活生」についてかかせていただきました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ