ターゲットとなる顧客には大きく一般個人の方と法人客や事業主があります。

個人向けには金融系や住宅系などが多くみられ、資産運用のアドバイスや生命保険などの保障設計、住宅ローンなどの資金計画をはじめ、

こうしたアドバイスを手段としての金融商品販売や保険販売、住宅販売の営業職の仕事もあります。

また、近年の時代背景や傾向から、晩婚化や少子化からブームとなっている婚活のアドバイザーや、

高齢化に伴い終活や相続などについてアドバイスをする業種も拡大傾向にあります。

就活をするうえでは、今後拡大が望める市場なのか、先細りが懸念される市場かも考えるといいでしょう。

■法人向けのコンサルティング

法人や事業主向けとしては経営のアドバイスやサポートをはじめ、

銀行や信託銀行、証券会社や保険会社など金融機関の資産アドバイザーとして、商品の提案や営業を兼ねて行うケースが挙げられます。

税理士や会計士、社会保険労務士といった資格を取得して相談に乗る場合や、アドバイスを提供する士業の仕事もありますし、

企業のIT化などをサポートするシステムエンジニアなどもコンサルティング職の1つです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ