女性が面接を受ける場合、白いブラウスの上にスーツを着るスタイルが主流です。ボトムスに関しては、パンツでもスカートでも良いでしょう。服装で気を付けたい点として、まず衣服にシワや汚れがないか前日にきちんとチェックしておきたいものです。

シワがないようにアイロンをかけておきましょう。またスカートの場合は、ストッキングに伝線が入らないように気を付けたいものです。予備のストッキングを持参しておけば安心ですね。

特に気を付けたいのが、靴の汚れです。靴は黒のローヒールのパンプスが良いですが、パンプスが汚れているとだらしなく見えます。面接日の前日は、パンプスを磨くことも忘れないようにしましょう。

意外と見られている爪先

面接は椅子に座って、膝の上に両手を置いて話すことが多いです。また何かとジェスチャーするときに手を使います。
そんな中で面接官が意外と見ているのが、爪先です。

派手な色のマニキュアを塗っている人は、面接前には落としておきましょう。
またマニキュアを塗っていなくとも、爪が汚れていたり長く伸びすぎていたりすると不潔な印象を与えてしまいます。爪先のケアもきちんと忘れずにしておきたいものです。

手に関しては、指輪やブレスレットなども外しておくほうが良いと思います。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ