業界別の使われ方

不動産業界

不動産業界の場合は、不動産売買をする個人に対して用いられます。不動産業界の場合は通常のコンビニやスーパーなどと違い、”商材を売りたい”人が多くいます。こうしたことから、不動産業界では”売手と買手を繋ぐ”といった意味で用いられます。不動産業界では生活品のように同じものが何個もあるわけではなく、買いたい人のニーズを汲み取って最適な物件を紹介することが必要になってきます。

IT業界

IT業界が小売業界よりも優れている点、それは利便性です。都市部ではその日に注文したものをその日に手に入れることができたりします。加えて購入できる商品の幅広さも小売業の比ではありません。
IT業界では主に、パソコンなどを小売店に卸して販売することを指します。リテールで販売する商品はリテール品と呼ばれ、説明証や保証書が付属され販売されます。

金融業界

金融業界では中小企業や個人を対象とした取引を指します。主に預金、振込、振替、貸付、資産運用、コンサルといった業務に関わります。

アパレル業界

アパレル業界では、取引のなかった店舗へ商品を売り込んだり、店舗の売り上げや在庫の管理を行うといった意味合いで用いられます。
どちらかというと販路の開拓をするマネジメント的な意味で用いられます。

時々耳にする”リテール営業”の意味とは

営業職というのは、何を商材にするのか、誰に対して商品を売り込むのかで様々な分野に分けられます。金融業界、IT業界、アパレル業界など様々ですが元々は金融業界でよく使われていました。
リテール営業は基本的には普通の営業職と同じで個人を対象として商材を販売することが主な業務内容になります。

個人向けの営業になってしまいますのでどうしても休日に働いたりすることが多くなってしまうことが特徴です。むしろお客様が休みの時程稼ぎ時になるので、休日働いて平日休むといった人も多いでしょう。

リテール営業が多い業界とは?

リテール営業が多い業界と言えば自動車業界、銀行、不動産業界、アパレル業界が代表的です。仕事内容としてもいずれもお客様と接することやヒアリングすることが多く、お客様は一体何を求めているのか、何について悩んでいるのかについて会話の中からヒアリングして提供できるかどうかが求められます。

まとめ

今回は様々な業界で使われる意味を仕事内容と交えて紹介しました。仕事の中では、お客様の意図を汲み取ることが求められます。
また、会社によっては休日出勤が多いところもあったりするので、しっかりとチェックしておきましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ