ESの書き方

  • お気に入り
  • 3SCORE

徹底解説★熱意の伝わる志望動機の書き方

徹底解説★熱意の伝わる志望動機の書き方

就職活動をしていると、エントリーシートの段階で企業への志望動機が必要になります。

面接でも必要になるものなので、適当で良いというわけじゃないですよね。

内定に結びつく志望動機を作るためには、どのようなことに注意をして作り上げたら良いのかをご紹介します。

まずは志望動機のとっかかりを見つけよう

まず、志望動機を作る前に一度考えておきたいのは、その企業に何故エントリーしたかということです。

仮にただ何となく福利厚生が良いから決めたとしても、福利厚生以外に何かその企業に惹かれるものがあったはずです。

例えば自分が勉強をしてきた分野と密接に関係をしていたから選んだ、この分野に興味を惹かれてやってみたいと思ったと、大なり小なり何かしらの理由があります。

これは動機を見つける作業なので、一番最初に思い返した段階ではまだ内容は薄くても大丈夫です。

とっかかりとなる動機を見つけたら、ここから深く掘り下げる作業に切り替えていきます。

何故その企業に就職したいと考えるのか、3つの軸から理由を掘り下げよう

志望動機を書く上で最も重要となる軸は3つあります。
■就職を希望する企業にどのような魅力を感じたか
■その企業でなければならない理由
■そして就職をして企業で何をしたいのか

いずれも就職を希望する企業を軸に考えていくため、志

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ