open esの写真にモザイクはできるだけ使わないほうがいい

ここからは、open esの写真にモザイクを使っていいのかについてくわしく解説します。open esは内定を取れるかにも関わってくるものなので、載せる写真にモザイク加工をしてもいいのか迷いますよね。承諾を得ていない他人の顔が写っている写真の加工をどうしたらいいのか迷っている方は、以下のポイントを参考にしてください。

撮りなおしができない場合のみOK

open esの写真にモザイクを使うのは、撮りなおしができない場合のみOKです。一緒に写っている友達に承諾を取るのがめんどくさいからといって、すべての写真にモザイクを使うと印象が悪くなってしまいます。
もし、モザイクばかりになってしまって使える写真がない場合は、フリー素材を使うといいです。飲食店で接客を頑張っていたことを伝えたいのであれば、笑顔の子どもの写真や楽しそうに食事をしている家族の写真を載せるのがおすすめです。多くの就活生がアルバイトの写真を載せている中で、違う角度からアルバイトを表現した写真があると目につきやすくなります。

時間があるなら撮りなおした方がいい

写真にモザイクがあると、どうしてもモザイクに目が行ってしまいがちです。そのため、時間があるなら撮りなおした方がいいでしょう。自分らしさを存分に表現できるようなベストショットを載せた方が印象が良いですし、エントリーシート全体も明るく見えます。
また、自己PRや学生時代に頑張ったことのエピソードと関連づけられれば、自撮りや友達に撮影したもらった写真でも構いません。提出までに時間の余裕があるのならば、より良い写真を撮影するといいです。

自分以外の人が写っている場合は承諾をとろう

open esに友達の顔が写っている写真を使うのは問題ありません。しかし、自分以外の人が写っている場合は、必ず承諾を取ってから載せるようにしてください。「友達だから勝手に使っていいや」と軽い気持ちで載せてしまうと、トラブルに発展する場合もあります。そのため、少しでも友達が写っている写真を使う場合は、「open esに使ってもいい?」と許可を得てください。
また、住所・電話番号・車のナンバープレートなどの個人情報が写っているものを掲載するのはNGです。これらの写真をopen esに載せるのは規約違反にあたり、最悪の場合はデータの削除や退会手続きを取らなくてはならない場合もあります。普段は意識していなくても、他人の顔や車のナンバープレートが写っている写真は意外と多いです。そのため、open esを提出する前に問題ない写真かを確認してください。

open esの写真にモザイクはできるだけ使わないほうがいい

open esに載せる写真にモザイクを使うデメリット

ここからは、open esに載せる写真にモザイクを使うデメリットについてくわしく解説します。写真を撮り直すよりもモザイクで加工したほうが簡単に思えますが、いくつかデメリットがあります。そのため、open esに載せる写真にはできるだけモザイクを使わない方がいいでしょう。

写真の印象が悪くなる

open esに載せる写真にモザイクを使いすぎると、写真の印象が悪くなる場合があります。例えば、集合写真を載せるときに自分以外の全員にモザイクがかかっていると、少し怖い感じがしてしまいますよね。
そのため、自分以外の人が写っている場合は承諾を取るか、自分しか映っていない写真を撮り直すのどちらかにした方がいいです。また、モザイクばかりになってしまって使える写真がない場合はフリー画像やイラストを活用したほうが印象が良くなります。

モザイクばかりが目立ってしまう

open esに載せる写真にモザイクを使ってしまうと、モザイクばかりが目立ってしまって伝えたいことが伝わらない場合もあります。そのため、住所や車のナンバープレートにモザイクをかけるのはいいですが、できるだけ友達全員の顔にモザイクをかけるのは避けるようにしましょう。

雑に作ったとみられる場合も

あまりにもモザイクばかりの写真を載せてしまうと、雑に作ったという印象を持たれる場合もあります。就活中は忙しいので、なかなか撮り直しをしている時間がない時もありますよね。しかし、自己PRの写真がモザイクだらけだとモザイクに目が行ってしまって、アピールしたい部分が印象に残りにくいです。そのため、できるだけモザイク加工ではなくトリミングや別の写真を探して載せた方がいいです。

open esに載せる写真にモザイクを使うデメリット

open esの写真をモザイクを使わずに修正する方法

ここからは、open esの写真をモザイクを使わずに修正する方法についてくわしく解説します。写真館に修正を依頼したり、スマートフォンのアプリやソフトを使ったりすると簡単に修正できるのでおすすめです。

基本的には撮りなおす

承諾が得らえていない他の人の顔が写ってしまっている写真や個人情報が載っている写真は、基本的に撮り直すのが1番です。自己PRや学生時代に頑張ったことのエピソードに合っていれば自撮りでもOKです。撮り直した方が載せたときの印象も良くなるので、モザイク加工に頼り過ぎないようにしましょう。

別の写真を使用する

住所・電話番号・車のナンバープレートなどの個人情報が写っているものや、キャラクターなどが写っているものは載せると規約違反にあたります。そのため、車のナンバープレートやキャラクターなどが写っている場合は、別の写真と取り換えてください。また、公序良俗に反するものが写っている写真もNGなので注してください。

写真館に修正を依頼する

写真館で撮影した写真の場合は、撮影した写真館でトリミング加工や焼き増しを行ってもらえます。また、WEB申請や登録用の指定サイズに画像加工したWEB申請用データをもらえる場合もあります。
さらに、撮影時の補整・加工前のオリジナル「撮影元データ」をスマートフォンやパソコンからダウンロードできるサービスを展開している写真館もあるので、ぜひ活用してください。

アプリやソフトで修正する

最近では、スマートフォンやパソコンにダウンロードして使える写真加工アプリや編集ソフトが多く登場しています。無料でインストールして使えるものも多いので、修正にお金をかけたくない方にもおすすめです。アプリに写真のデータを取り込んでトリミングをすれば簡単に修正できます。
また、自己PRや学生時代に頑張ったところに貼る写真は、ふざけすぎない程度であればコラージュをしても良いです。さらに、フリー写真やイラストをうまく活用すると、他の就活生と差別化を図れます。

open esの写真をモザイクを使わずに修正する方法

まとめ

今回は、open esの写真にモザイクは使ってもいいのかについてくわしく解説しました。写真にモザイクがあるとどうしてもモザイクに目が行ってしまうので、時間があるなら撮り直した方がいいです。また、モザイク加工をしないと載せられない写真しかない場合は、フリー画像やイラストを活用するのもおすすめです。より「自分らしさ」を表現できる写真を選んで、内定を勝ち取りましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ