open esにバイトの写真を載せるときのコツ

ここからは、open esにバイトの写真を載せるときのコツについてをくわしく紹介します。アルバイトを頑張っていたことをアピールしたい就活生は多いので、いかに採用担当者の目を引く写真を載せられるかがカギです。
ほかの就活生と差別化を図るためにも、より魅力的な写真と説明文を記入しましょう。他のアルバイトと圧倒的に違う点を説明文で軽く触れると目に留まりやすくなります。

内容とリンクした写真を載せる

学生時代に頑張ったことでアルバイトのエピソードを書く場合、そのエピソードにあった写真を載せることが重要です。エピソードをより視覚的な情報でとらえられるので 、ないようが頭に入りやすくなります。
また、アルバイトメンバー全員での集合写真や実際に働いている風景の写真を載せる就活生が多いですよね。それらの写真もいいですが、あえて笑顔の子どもの写真やレストランで楽しそうに食事をしているフリー素材の写真を使うのもおすすめです。
写真を見て「なんだろう?」という興味を引いて、学生時代に頑張ったことの文章と写真の説明欄を読んで「なるほど!」と納得できるようにすると印象に残りやすいです。

写真の説明文を載せる

採用担当者の目を引くには、写真の説明文を記入するのがポイントです。ただアルバイトの写真を貼るだけではほかの就活生と差別化を図れませんし、写真の具体的な内容を伝えられません。
また、写真の説明欄は自己PRや学生時代に頑張ったことの内容を要約したものを記入するといいです。例えば、毎日30分の読書を続けている継続力を強みとしてアピールする場合、キーワードである「継続力・読書・毎日」を組み合わせて説明を書きましょう。

一目で何の写真か分かるものを載せる

一目で何の写真が分かるものを載せるのもポイントです。写真を見て「なんだろう?」という興味を引いて、文章と写真の説明欄を読んで「なるほど!」と納得できるようにするのが重要ですが、あまりにも内容と離れた写真だとわかりにくいです。
そのため、しっかり内容と紐づけた写真と写真の説明欄を載せてください。また、写真の説明欄は40文字ぎりぎりまで書いた方が印象に残りやすいです。40文字も自分を伝えられる説明を書けるのに、空欄や5文字くらいし書かないのはもったいないです。

open esにバイトの写真を載せるときのコツ

open esにバイトの写真を載せるときの注意点

ここからは、open esにアルバイトの写真を載せるときの注意点についてくわしく解説します。特に、車のナンバーや電話番号などの個人情報を載せてしまうとトラブルの原因になりかねません。そのため、open esにバイトの写真を載せるときは主観的な自己分析ではなく客観的な目線から見て写真を選ぶといいです。

ギャンブルやお酒のイメージのある写真は避ける

open esにアルバイトの写真を載せるときは、ギャンブルやお酒のイメージのある写真を避けるようにしてください。アルバイトしているお店が居酒屋の場合にそこで働いている様子であれば問題ありませんが、ただの飲み会の写真だと人によっては不真面目な印象を与えてしまいます。
そのため、アルバイトでのお疲れ様会の写真を載せたい場合は、お酒が全面に出ていない飲み会前後の集合写真を載せるといいです。写真を載せる場合は、写真を見る人の気持ちを考えて選ぶようにしてください。

他人の顔を載せるときは許可を取る

open esに自分以外の他人の顔が写っている写真を載せるときは、必ず許可を取ってください。承諾を取っていない他人の顔を勝手に載せるとトラブルになってしまう場合があるので注意が必要です。
他人の顔や友達の顔などは普段の写真だとあまり気にしないポイントなので、何気なく載せてしまう人が多いです。しかし、規約違反にあたる場合があるので、しっかりと許可を取ってから載せるようにしてください。

キャラクターの写真を載せるのはNG

open esにはキャラクターの写真を載せるのもNGです。キャラクターには著作権や肖像権などがあるので、open esに載せるのは不適切なんです。また、住所・電話番号・車のナンバープレートなどの個人情報が写っている写真もNGです。
さらに、公序良俗に反するような写真も避けてください。これらの写真を載せてしまうと規約違反にあたり、データの削除や退会手続きを取らなくてはならない場合もあります。気づかないうちに車のナンバープレートやキャラクターが写ってしまっている場合もあるので、入念にチェックしてから載せてください。

暗すぎる写真もNG

open esの自己PRやガクウチの写真として暗すぎる写真を載せるのはNGです。暗すぎる写真を載せてしまうと、open es全体に暗い印象を与えてしまうので印象が良くありません。もし、どん底から這い上がったというエピソードの写真を載せたい場合は、暗い写真ではなく立ち直って輝いている姿の写真を載せた方がいいです。

open esにバイトの写真を載せるときの注意点

アルバイト別!open esに載せるのにおすすめな写真

ここからは、open esに載せるのにおすすめな写真をアルバイト別にくわしく解説します。open esの自己PRや学生時代に頑張ったこと欄にはアルバイトのエピソードとその時の感情を伝えるのがポイントです。そのため、エピソードと感情がダイレクトに伝わるような写真を選ぶといいです。

飲食店アルバイトの場合

飲食店アルバイトの場合は、実際にアルバイトをしているところの写真を載せるのが一番効果的です。また、その時の感情が伝わるように顔がしっかりと写っているものにするといいです。
さらに、飲食店でのアルバイトを通して「気配りができる」を強みとしてアピールしたい場合は、学生時代に頑張ったことのエピソードに合うフリー素材を使うのもおすすめです。

販売やサービス業のアルバイトの場合

販売やサービス業のアルバイトの場合も飲食店アルバイトの場合と同様に、実際にアルバイトをしているところの写真を載せるのが一番効果的です。また、笑顔の子どものフリー素材を使用して、「お客様の笑顔を見るのが一番のエネルギー源でした」と説明を加えると採用担当者の印象に残りやすくなるでしょう。

教育系のアルバイトの場合

塾や家庭教師などの教育系のアルバイトの場合は、実際に教えている様子を写した写真を使うのがおすすめです。しかし、個人情報の問題から無断で生徒の方の写真を載せるのはNGなので、注意してください。そのため、実際に教えているところの写真を載せたいのであれば、相手に許可を取るか、他人が写らないように配慮する必要があります。

エンタメ系のアルバイトの場合

エンタメ系のアルバイトの場合も、実際にアルバイトをしている様子を載せるのが一番です。しかし、ライブスタッフやテーマパークのスタッフなどのエンタメ系のアルバイトの場合は、キャラクターや個人情報が写りやすいので注意してください。

アルバイト別!open esに載せるのにおすすめな写真

まとめ

今回は、open esにアルバイトの写真を載せるときのポイントや注意点について解説しました。アルバイトを頑張っていたことをアピールしたい就活生は多いので、その中でも特に採用担当者の目に留まるような写真を載せられるようにぜひ参考にしてください。
自分らしさを出すのは重要ですが、ふざけすぎていたりギャンブルのイメージがあったりする写真を載せるのはNGです。また、他人の顔や車のナンバーなどの個人情報が写っているとトラブルになりかねないので、注意してください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ