専門学校だから重要?エントリーシートとは

エントリーシートとは、企業が提出を求める書類です。
企業が求める書類だからこそ重要なポイントが隠れています。

履歴書とは何が違う?

エントリーシートとは、履歴書とは別の意図をもって作成される提出書類です。
履歴書は、必要書類として定められている部分があります。
企業はやと入れた後に労働者名簿を作らなければいけません。
この情報源として履歴書は活用されてきました。
書式に関してもJISで定められたものがあります。

エントリーシートは企業が作成を求める書類です。
専門学校でも、企業側が提出を求めるケースが増えました。
決められた書式は存在せず、企業ごとに問われる内容も変わります。

写真や情報が同じでもいい?

エントリーシートと履歴書は共通の情報が記載される可能性があります。
例えば専門学校を含めた学歴を問われたとしたら、この情報が異なるはずがありません。
作成する場合にも十分な注意が必要ですが、情報が異なっていないことは十分な注意が必要です。

写真に関しても同じで問題ありません。
必要な要件を満たしているかどうかの方が重要です。

エントリーシートは絶対あるわけじゃない

エントリーシートは一般化してきましたが、絶対に求められるとは限りません。
応募先の企業が必要ないと考えていれば、エントリーシートを作成する必要はないのです。
特に応募から面接までの期間が短い場合、エントリーシートを必要としないケースがほとんどです。

そもそもエントリーシートとは、多くの募集者を抱えた時に先行する基準を付ける目的があります。
エントリーシートの提出という形を義務付けることにより、ふるいにかけていると考えて良いでしょう。
その必要がないところでは、直接面接で話を聞くといった手法をとったほうが、時間も手間もかからないからです。

専門学校だから重要?エントリーシートとは

専門学校卒で問われるエントリーシートとは

専門学校卒で、エントリーシートの提出を求められるケースは、大学卒よりも多くありません。
しかし、なぜ求められているか、理由を知るとエントリーシートという書類の重要性が見えてきます。

長所や能力を問うてくる

エントリーシートでは企業が質問を投げかけてきます。
この質問に答える形をとりますが、内容は様々です。
しかし、応募書類として方向性はある程度決まってきます。

長所や短所を聞いてくるのが基本中の基本でしょう。
自分自身をどのように捉えているのか客観的な判断を下すなさいと言われています。
同時に能力を問うてくるのもポイントです。
これは専門学校だからこそ重要視しなければいけません。

専門学校では、分野を絞り込んで身につけていきます。
この知識や技術を正確にアピールできないのはもったいないことになるでしょう。
大学生よりも重要なポイントになるため、注目しておく必要があります。

熱意をはかる

募集してきた人がどのような熱意を持っているのかを測るのも、エントリーシートの役割です。
エントリーシートを作成させるという企業の意図を汲み取ると分かります。
熱意がある人は、どのように伝えるか考えて作成するでしょう。
そこまで意識が働いていない人は、あっさりとしたものになるはずです。
企業としてはその内容もさることながら、本当に自社に入りたいのか、判断する材料に活用しています。

一般常識を含め知識を持っているか

エントリーシートを提出させるという事情を考えてみなければいけません。
専門学生でも礼儀や節度をわきまえているか、書類の段階で判断するのは容易なことではないでしょう。
履歴書のように形式が決まっている書類では、判断がさらに難しくなります。

エントリーシートは、基本的に文章での作成となります。
どのような内容を記載するか、その文章でも一般常識を見ているのです。
正しい知識を持っているか、判断と行動ができるか見られているのを忘れてはいけません。

専門学校卒で問われるエントリーシートとは

専門学校だからこそ目立つエントリーシートとは

専門学校だからこそ、他者と差別化をつけるぐらいの意気込みが必要です。
就活は競争が激しい世界です。
専門学校だからといって何か違いが生まれるわけではありません。
多くの応募者の中から作業してもらえるよう注目してもらう必要があります。
どこでアピールするのか、そのポイントを押さえていく必要があるでしょう。

アピールの場だからこそ間違わない

エントリーシートは、大事なアピールの場になります。
自分のことを知ってもらうきっかけをもらったのです。
このアピールの場を活かさないことは、就活として失敗を意味しています。

ですが、勘違いしてはいけません。
応募書類として必要なものがエントリーシートです。
過剰な演出をすれば逆効果になります。
正式な書類として提出することを忘れないようにしましょう。

面接にも派生することを意識

エントリーシートは、多くの情報を含んでいます。
この情報を活かさなければ、企業としても提出を求めた意味がありません。
多くの人が集まれば足切りするための情報としても使われますが、基本となるのは面接の下準備です。
この人はどのような人なのか、エントリーシートの内容から事前判断ができます。
どのような質問を投げかけるべきか、企業は事前に決めることもできるのです。
面接に発生することを意識しておくと、エントリーシートの作り方も変わってきます。

突っ込まれやすいポイント

エントリーシートを作成する上で、突っ込まれやすいポイントは必ず出てきます。
わざと用意する方法もありますが、どこが目に止まるのか意識しておくのが大切です。

特にポイントになるのは、志望動機・自己PRといったところとなるでしょう。
このような項目を学歴などの情報と比較してみると分かります。
志望動機・自己PRは、定型的な形がありません。
つまり、作成した本人が色々な情報を盛り込み作ることができるからです。

企業としては、採用した後に有益な人材となるかどうかが重要になります。
その見極めのポイントとしてこれらの項目は注目されるのです。

大事なポイントは、なぜという言葉にかかっています。
なぜその会社に入社したいのか、なぜ応募してきたのか。
自己PRとリンクしていかなければいけません。
自分になぜという言葉が問いかけられない人は、これらの項目を見ようとしていると言ってもいいでしょう。

専門学校だからこそ目立つエントリーシートとは

専門学校卒からのエントリーシートとはここを注意

専門学校卒の場合、エントリーシートを正確に理解して卒業するケースはあまりありません。
基本的に技能を身につける学校であり、就活にかけられる時間も大学よりも少なくなります。
限られた時間の中で身につけて行かなければいけないため、注目するポイントを押さえておくと効率的に作成出来るでしょう。

空欄はダメ

エントリーシートのような応募書類は空欄は絶対に認められません。
その情報が埋められないのか、それとも情報がないのか、大きな疑問が投げかけられてしまうからです。
空欄の状況は一般的に20%以下にしなければいけないとされてきました。
つまり、80%は文字で埋めなければいけないと考えれば分かりやすくなります。

誤字脱字のチェック

誤字脱字のチェックは正式な書類として当然の項目です。
ただし、書き慣れていない人は、誤字脱字などでどうしても文章がチグハグになります。
自分でチェックできないのであれば、第三者に依頼して確認してもらうのが大切です。

書き慣れている人も、自分の目が慣れてしまうと、見落とす可能性が高まります。
時間をおいてチェックするなど対策も講じておくと良いでしょう。

消せるペンは使わない

どのような筆記具を使うのかも大きな注目点です。
正式な書類として提出する以上、何かで消せるペンは危険です。
正式な書類なのにも関わらず、誰かが訂正加筆できるかもしれません。
仮にこのような事態が起きないとしても、対策をしていないことがマイナスになるのは明白です。
必ず消すことができない筆記具を用意し、作成する必要があります。

校正するのが大切

校正は専門学校ではあまり聞き慣れた言葉ではないかもしれません。
誤字脱字のチェックが注目されますが、必要なことはそれだけではないからです。

専門学校生が間違えやすいポイントとして、文末表現が挙げられます。
ですます調で作らなければいけない書類ですが、同じような文末の締めが繰り返されると、幼い印象を受けるのです。
致し方ない場合を除き、2回繰り返されるのもかける習慣をつけましょう。

冗長表現も同様です。
必要のない言葉を積み重ねていけば、文字の数は増えてきます。
その反面、本来の意味は伝わりにくくなり、だらだらとしたエントリーシートが完成するのです。
これでは読みにくいだけで本来の意味が伝わりません。
このような文章の問題点を見つけ改善するのが校正です。

自分で行うのが難しいと感じた時には、専門の業者に依頼し校正してもらうのもいいでしょう。

専門学校卒からのエントリーシートとはここを注意

まとめ

専門学校でもエントリーシートは重要な役割をもちます。
提出を求めてくる企業も増えた中、理解度を高めなければいけない状況となりました。
ただ作成し提出すればいい書類ではありません。
そこに自己アピールできるポイントが存在する以上、自分らしさを前面に出し工夫を凝らして、差別化を意識して作る必要があるのです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ