ESを添削してもらったらお礼のメールを送ろう

ESを添削してもらったらお礼のメールを送る。
側から見るとそんな当たり前のことをと思う方もおられるかもしれません。
その様に思われる方がおられるのも承知していますし理解もしております。
ですが世の中には色んな理由でお礼のメールをさ作成することすら難しい人もいます。
今回はそんなお礼のメールを書きたくても書けない人に送る記事となっていますので、次項から送るコツをお伝えします。

お礼のメールを送るタイミング

お礼のメールを送るタイミングですが基本はいつでも問題ないです。
その人のうちに返事ができるとベストですね。
ただ、きちんとお礼をしたい場合は早いほどいいので、すぐにでも返事ができると言うのがベストですね。
ですので、就活を行うメールは携帯からでもみれる様にしておくとよいでしょう。

また、一度に書き切る必要もないので、こまめに文章作成をしていいと言うことを認識しておいてください。
メールを早く作らなきゃ!と急ぎ疲れてしまっては元も子もありません。
ですので、こまめに書いて保存を繰り返すとよいでしょう。

ESを添削してもらったらお礼のメールを送ろう

お礼のメールをESの添削を行ってくれた人に送る時の注意点

お礼のメールをESを添削してくれた人に送るときには注意点があります。
これが冒頭でお伝えした文章の書き方のルールの部分のお話ですね。
とても大事なことなのですが、ルールを味方につけるとこれほど頼れるものはありません。
ですので、ルールを味方につけてお礼のメールの作成をしましょう。
次項から書き方のルールなどを説明いたします。

お礼のメールの書き方

お礼のメールの書き方ですが、これはとてもシンプルです。
文章を作成するときに「相手のお名前 + 冒頭挨拶 + お礼の内容 + 締めの言葉」の構成にしてメールを送るだけです。
このルールさえ守れば文章として美しいものが書けます。
この構成は皆さんもご存知かもしれませんが「起承転結」に則った書き方です。
ですのでこの構成を守ればルールに則って書くことができます。

言葉遣いに関してはあまり難しく考えない方がいいです。
あなたがアルバイトで使っている言葉で、お客様にご無礼のない言葉遣いをする様なイメージで書けば問題ありません。
もしそういった言葉遣いがわからないと言うことであれば、例文を載せてくれているサイトもありますのでチェックしてみてください。
ただ、世の中にはコピペをチェックできるWebサイトもありますので、注意が必要です。
例文を掲載しているサイトから文章を持ってくる場合は、所々自分の言葉に置き換えて書くようにしましょう。

お礼のメールを送る際の注意点

前項で書き方のご説明をしました。
次にご説明するのがお礼のメールを送る際の注意点です。
前項でご説明をしました構成から逸脱していなければ問題ないのですが、細かいところはやはり気になりますよね。
そういった細かい注意点をこちらではご紹介します。

まずは相手の企業名と名前。
これはよくあることなのですが、ESを複数社のサービスを使って添削をしてもらっている人におきがちなミスです。
複数社のサービスを使っていなくても、いつも担当してくれている人が休暇に入っていて代理の人に添削をしてもらったりすると、間違え流可能性があるので注意してください。

このミスをなくすルールは簡単です。
添削してもらった人に、お礼を伝える。
これだけです。
ですので、送信前には必ず相手のお名前をチェックする様にしましょう。

次によくある間違いが誤字脱字です。
ESは添削をしてもらうので誤字脱字は比較的おきにくいですが、お礼のメールは誰も添削してくれません。
ですので、誤字脱字が起きやすくなってしまいます。
これもチェックするときに一手間食われるだけで問題はほぼほぼ解決します。

「誤字 脱字 チェック」でインターネットの検索を行うと誤字脱字を調べてくれるWebサイトが出てくるはずです。
このWebサイトを使ってチェックをして貰えばこの問題もほぼほぼ解決するんですね。
気になっている方もいるかもしれませんが、「ほぼほぼ」といっているのには理由があります。
対応していない言語で書くと受けることのできないサービスだからです。
ですので、海外の言葉を使う場合などは注意をしてください。

お礼のメールをESの添削を行ってくれた人に送る時の注意点

ESを添削してもらい結果が出たら再度お礼のメールを送ろう

ESを添削してもらいそのESの結果が出たら再度お礼を伝えましょう。
これには理由があります。
このお礼を伝えることで、次の段階に話が進むからです。
次の段階と言われてもいまいちピンとこないともいますので次項で説明をいたします。

お礼のメール送ることで結果にかかわらず次につながる

なぜ結果が出たら再度お礼を言うのかについてです。
ESが通っていれば送る気持ちはわかるけれど、通らなくても送ると次へと繋がります。

お礼を伝えると行くことは結果を伝えなければなりません。
と言うことはお礼を受け取った側はその人の状況で次の話をし始める段取りをします。
ESが通っていれば面接対応の話をするための準備に取り掛かりますし、仮に通っていなければ次のオススメできる求人を探してくれます。
ですので、報告のつもりでお礼を伝えましょう。

また余談ではありますが、お礼を伝えると敵意がない証拠として相手は捉えてくれます。
ですので、より有利になる情報が引き出せるかも知れません。
普段からお礼を伝え担当者と仲良くしておくとひょんなことから有利になりますので、お礼を言う伝えると良いですね。

ESを添削してもらい結果が出たら再度お礼のメールを送ろう

まとめ

以上がESを添削依頼した時のお礼のメールの書き方になります。
基本は「相手のお名前 + 冒頭挨拶 + お礼の内容 + 締めの言葉」に沿ってお礼のメールを書きます。
このときに文章が書けない人は例文をコピーしてきて自分の文章に書き換えましょう。
文章が書けたらあとは相手の企業名とお名前の確認をし、誤字脱字のチェックをする。

今回は上記の内容を本文中で詳しく解説をいたしました。
書き方さえわかってしまえばこちらのものです。
皆さんも本文中の注意点などに気をつけてお礼のメールを送る様にしてください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ