esの添削のお礼は何で送ればいい?

esの添削のお礼はメールか手紙で送ることが一般的です。メールの方が比較的利用される場面も多い為、就活生はメールでお礼の文章を送る人が多いです。また、就活生でesの添削のお礼メールを出す学生は多くないと言われています。お礼のメールや手紙を出すだけで、他の人と差を付けられることでしょう。

メール

就活生でesの添削お礼メールを出す学生はあまり多くありません。そんな中、メールでお礼を送ると、企業はあなたのことを律儀な人だという印象を与えられます。お礼のメールを送るのは、es添削してもらった日から当日もしくは次の日に送ると良いでしょう。

あまりにも期間が空きすぎてしまうと、esを添削した担当者があなたのことを忘れてしまっている可能性もあります。そうしたことにならない為にも、なるべく早めを心がけておきましょう。

手紙

esの添削のお礼を手紙で送る学生は中々いない印象です。なので、他との差別化を狙うという意味で手紙を使ってお礼をするという方法も一つの方法です。

手紙で送る際、封筒は茶色ではなく、白色で送るようにしましょう。封筒をのり付けしたら「〆」「封」などの封字を書くことも忘れないようにして下さい。また、会社名は(株)などと略さず、株式会社と書くようにすると良いでしょう。

esの添削のお礼は何で送ればいい?

esの添削のお礼の書き方

esの添削のお礼の書き方には、決まりはありませんが、社会人としての常識や相手が読みやすいように工夫することが大切です。そうすることで、相手のお礼の気持ちが伝わりやすくなります。ここからは、esの添削のお礼の書き方について詳しく見ていきたいと思います。

件名はシンプルに書く

件名はシンプルに書くことで、相手が何についてのメールなのかを、分かりやすく知ってもらえます。これは、esの添削のお礼のメールを送る際以外でも共通することです。

また、件名が分からないメールは相手が混乱してしまい、迷惑をかけてしまう可能性もあります。件名には、内容やメールを送った目的、差出人を明確にする必要があります。

件名がシンプルなお礼のメールは、相手への誠意を表すことに繋がり、自分の将来を支えてくれるきっかけになるかもしれません。

応募先の企業に対しての気持ちを入れる

esの添削のお礼のメールには、応募先の企業に対して、気持ちを入れることも忘れてはいけません。例えば、相手が自分に対して作ってくれた時間に対してのお礼、esを添削して貰ったお礼、自分が相手の企業に対して感じたことなどを記載すると良いでしょう。

また、今後の自分のesに活かすことも記入すると、相手に喜ばれることもあります。自分が相手の企業に対して、どのような思いがあり、esを送ったのかという内容までしっかりと記載しておくと、相手の印象に残りやすくなります。

絵文字や顔文字は使用しない

絵文字や顔文字は絶対に使用しないように気をつけましょう。使用していると、常識のない学生、というイメージを与えることになり、自分のマイナスイメージを相手に伝えてしまうことになります。

社会人であれば常識ですが、就活生が絵文字や顔文字を使ってしまうと、採用される確率も下がってしまいます。常識ある就活生ならば、絵文字や顔文字が使用してはいけない、ということは分かると思います。

テンプレートをそのまま使用しない

esの添削のお礼メールは、色んなサイトで紹介されており、テンプレートのようなものも多く出回っています。そのままコピペなどで使用するのは控えるようにしたほうが良いでしょう。

テンプレートは参考程度にしておいて、自分で考えた文章を使用したほうが、相手にもお礼の気持ちが伝わりやすく、好印象に残ります。お礼の文章は、自分の特徴を示すものでもあり、もしかしたら、自分の将来に役立つメールになるかもしれないので、テンプレートをそのまま使用するのは避けるようにしましょう。

esの添削のお礼の書き方

esの添削のお礼メールを送る際のポイント3つ解説

esの添削のお礼メールを送るには、いくつかポイントを押さえておくことで、文章が綺麗にまとまり、相手に伝わりやすい文章が仕上がります。ここからは、お礼のメールを送る際のポイントを3つ解説していきます。

相手が自分のメールや手紙に対して時間を取ってくれたことへのお礼

自分のes添削して貰ったお礼は最初に必ず記載するようにしましょう。企業はあなただけではなく、他の就活生のes添削も多数行っている場合が多いでしょう。膨大な時間を使って添削してくれているのです。

自分に対して時間を取ってくれたことまで記載しておくことで、気が利くと添削した相手に思ってもらいやすくなり、好印象を残せます。

esを添削してもらって学んだことを記載する

esを添削してもらったら、添削後のesを見て自分が気づいたこと、学んだことをしっかりと相手に伝えるようにしましょう。そうすることで、添削者は自分の添削で相手がこんなにも勉強になっているんだ、と実感でき相手を心地よい気持ちにさせます。

一番非常識なのは、添削のお礼もなしに、添削してもらったらそのまま何の返事もない、というパターンが相手に失礼で常識がない行動です。相手に教えて貰ったら、そこから自分は何を学んだのかというのをしっかり把握して、相手に伝えていきましょう。

今後の自分のesに活かすことを記載する

esを添削して貰ったら、今後それを自分がどう活かせるのかを、記載しておくことも大切です。具体的に記載することで、添削者は自分の添削があなたに役立ったんだと実感できます。

また、添削して貰ったesを今後の就職活動に役立てるようにすることも忘れてはいけません。しっかり自分で受け止め、次に活かすようにしてみて下さい。

esの添削のお礼メールを送る際のポイント3つ解説

まとめ

es添削して貰ったら、メールか手紙でお礼の文章を送るようにしてみましょう。お礼のメールや手紙を送らない就活生も多いので、送ることで礼儀正しい学生、というイメージを添削者に与えられます。そうした行動が、もしかしたら自分の将来に繋がる可能性もあるでしょう。

また、esの添削のお礼の書き方は、社会人としての一般常識があれば、大丈夫かと思います。絵文字や顔文字を使うなど、学生感が抜けていないような文章は、送らないようにして下さい。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ