Webテスト対策

  • お気に入り
  • 3SCORE

インターンシップや就活時の適性検査はどう乗り切るべき?

インターンシップや就活時の適性検査はどう乗り切るべき?

インターンシップや就職の面接で必ず行われるのが適性検査で、面接は完璧にできるのにこれが上手くできなくて落としてしまう人も少なくありません。

面接が良くても試験で落とされた、ということが無いようにこの適性検査で何を見られているのか、どのように対策したら良いかをお話します。

適性検査は何を見るもの?

この適性試験で見られるのは教養と性格の二点です。

適性試験として用いられるものはSPIや玉手箱、TG-WEBといったものがあります。

教養については高度な問題が出るわけではなく、計算問題や国語の問題など高卒でも解けるような簡単な問題が出題されるので心配をする必要はありません。

性格検査については名前の通り、貴方がどのような人であるかを見るために実施しています。

つまり知力や学力がどの程度その人にあるのか、そして性格はどのようなものなのかを客観的に判断する資料として実施をするので、資料づくりの段階でマイナスの要素を作るのは好ましいとは言えません。

具体的な攻略法は?

適性検査はある程度対策が可能であり、前以て準備をしておくことができます。

書店へ行くと、就活のコーナーに必ずSPIなどの対策本が置いてあり、過去に出題された問題をまとめた問題集があります。

試験の傾向としては毎年毎

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ