人事の評価に利用される

就活生側からすると、適正検査では自分の能力のことが発揮わかる訳ではないと考える方が多いことから、それほど重要視されていないと思っていることがあるでしょう。

しかし人事側の適正検査の評価としては、「参考になる」と答える方も多いのです。

理由としては、企業の求人に応募する就活生を知るという意味で、精度が高い貴重な情報と扱うことができるということが考えられます。

そのため、就活生としては適正検査について真剣に取り組み、偽りなく回答していくことが重要になってくるでしょう。

人事の評価に利用される

適正検査を「足切り」に利用する場合

企業は、適性検査の結果を受けて、対象者を「足切り」に利用することがあります。一定の基準に満たなかった就活生を足切りして、優秀な人材を獲得することに適正検査が利用されるのです。

一定の基準については、企業によって異なることから、具体的には採用基準を把握することは難しいでしょう。

企業が足切りとして判断されることが多いのは「基礎能力」についてです。基礎能力とは、読み書きや計算能力が一定の基準を満たしているかどうかを判断するもので、基準に満たなかった場合は足切りされるケースがあります。

また注意しないといけないのが、適正検査の回答を企業が望む回答として、意識的に変えるということです。

採用される可能性を高めるために、適正検査を企業が望む回答するという方もいますが、偽って回答するとミスマッチの確率が高くなり、情報として意味のないものになってしまう可能性があります。

適正検査で回答する場合は、偽りなく自分が思った答えを出すことが大切です。

適正検査を「足切り」に利用する場合

適正検査を「優秀人材・適性人材のピックアップ」に利用する場合

企業が適正検査の結果を「優秀人材・適性人材のピックアップ」にリオ用することもあります。基礎能力の高い人材がいれば、優遇した選考を行う企業もあるというのです。

適性検査で優秀と判断された場合は、企業の中には選考段階から食事に誘うといったやり方で、アプローチすることもあります。

また採用された後のことも考え、適正検査の内容が反映された配属先に決められることもあるようです。仕事適正としての意味合いも、適正検査には含まれることがあります。

他にも、適正検査のデータを自社の人事システムに取り込んでいるケースもあるようです。そのデータをもとに、新規事業やプロジェクトの立ち上げを任せるといったこともあるので、企業側としては適正検査の内容を重視することも多いとされています。

就活生は、採用された後の利用まで考えなくてもいいかもしれませんが、偽った回答をしていると、希望しない部門を任せられてしまう可能性もあるので、正しく回答することが大切です。

適正検査を「優秀人材・適性人材のピックアップ」に利用する場合

適正検査を「面接の補助資料」に利用する場合

企業によっては、適正検査の内容を「面接の補助資料」として活用することがあります。面接の際の回答と、ギャップがないか確認されることもあるので、就活において適正検査の回答を偽っていると、後から困る自体に発展する恐れがあるでしょう。

適正検査の時点で、就活生の長所と短所を把握しておき、面接で話す内容が決められていくこともあります。

適正検査の結果と、面接の内容にギャップがなければ、企業にとって有益な人材と判断された時には採用されることがあるでしょう。しかし適正検査の結果と面接の内容にギャップがある場合は、適正検査の基準を満たしていても、面接で得た情報を重視して選考されることがあります。

そのため、適正検査の段階で偽って回答しても、あまり意味はなく、正しい回答をした上で、企業が求める人材になることが就活の場面では大切になってくるでしょう。

まずは適正検査の回答を企業に合わせて行うのではなく、自分を把握することが適正検査対策になります。

自分の適性を把握しておけば、どういった企業・分野で活躍することができるのか、判断することが可能です。

まとめ

適正検査の内容は、就活の場面において重要な要素を持っていることがわかります。企業にとっては、適正検査が一つの情報として就活生を見極める要素になるので、偽りなく回答し、適正のある企業に面接に行くことが就活生は重要になってくるでしょう。

適正検査は、足切りのためといったマイナス面で利用されることもありますが、適正がある会社ではピックアップするための資料として活用されることもあるので、就活の場面において良い影響を与えてくれます。

まずは自分のことを把握し、適正検査には偽りなく、回答していくことが大切です。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ