/category/column/post-23096/

特集記事

  • お気に入り
  • 4779SCORE

【いきなり海外も!?】転勤の多い業種・職種はコレ!

【いきなり海外も!?】転勤の多い業種・職種はコレ!

こんにちは!学生ライターのりんです!
 
みなさんは転勤についてどのように考えていますか?
 
「全国・海外、色んな地域に転勤して、経験を積みたい!」
という人もいれば、
「親元や慣れ親しんだ地域から遠く離れるのはいや!」
という人もいると思います。
 
また、独身の時はいいですが、いずれ結婚したり子供が出来たりすると、
「家を買っても、単身赴任になる」
「子供に転校を強いてしまう」
など転勤による問題もあるようです。
 
そこで今回は、転勤の多い業種・職種をまとめてみました!

銀行

銀行

画像引用:
http://creations-i.co.jp/media/wp-content/uploads/2013/07/img_1249877_62082461_01.jpg
 
 
転勤が多い業種で代表的なのが銀行員!
  
銀行員に、転勤が多い理由は、
支店が多く存在する為ということはもちろん、
1つの支店で特定の顧客と長く付き合うことによって、癒着など不正な取引が行われてしまうのを防ぐ為でもあります。
 
総合職で入社すると、数年に1度は転勤があり、何年も同じ支店に勤める例は極めて稀だそうです。一方で、一般職やエリア職採用の場合は基本的には転勤の可能性はないようです。

商社・メーカー

商社・メーカー

画像引用:
http://gakusei-susume.com/syousya_shushoku/
 
 
商社、メーカーも転職が多い業種として有名です。
商社の場合は、海外転勤で何年も日本に帰って来られないというケースもあるようです。
海外勤務を夢見る人には魅力的ですが、そうでない人がいきなり言葉や文化の違う土地に転勤となると、精神的に強くないときついかもしれません。
 
しかし、商社やメーカーに勤める人が全員、転勤が多いわけではありません。
中でも、営業職や現場で作業をする技術者などは転勤が多いといえます。
 
逆に、商品の企画や開発職やマーケティング職、人事や総務などの事務職などは。
転勤が少なく本社や特定の事業所で長く働く場合が多いです。
 
ただし大手商社やメーカーは大抵は ジョブローテーションを導入しており、転勤の多い職種、少ない職種に期間毎に異動する事もありますので、この点は考慮しておきましょう。

アパレル・サービス

アパレル・サービス

飲食店のようなサービス業やアパレル関係の業種は、
基本的には入社して何年間か店舗勤務で経験を積み、接客や顧客について学んだ上で、本社で企画やマーケティングに関わることが多いです。
  
また、接客や顧客について学ぶといっても、
忙しい店舗と、比較的に落ち着いている店舗や、
学生がよく来る店舗、老人がよく来る店舗、外国人がよく来る店舗など、
決して1つの店舗に勤務しただけでは全てを理解できません。
その為、様々な種類の店舗を経験させるように転勤が繰り返されるようです。

まとめ

いかがでしたか?
  
転勤は、色んな経験を積むといった意味でも、
成長や出世の為には避けては通れない登竜門であると言えます。
 
また、転勤の多い業種として紹介した銀行でも、
地方銀行であれば転勤は県内だけ(近いので転居せずに済む)といった企業もありますし、
 
全国に支店や支社を持つ大手企業でも、
エリアを分けての採用(関東採用なら転勤は関東のみ)や、採用時に希望を聞いてくれる(全国OKか、関東のみか等)企業、家庭を持てば転勤がなくなる企業、また社宅や補助のある企業もあります。
 
今は、「転勤OK!」と思っている方も、
結婚や子育てなど将来の自分を想像して、もう一度転勤に対する価値観を明確にしておきましょう。
転勤の多い企業に入社した場合、1度辞令が出てしまうと余程の理由がない限り断われないので、
自分の転勤に対する価値観と、企業の転勤の仕組みが合っているか、説明会やOB訪問時に見極めましょう!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ