特集記事

【就活生必見】初任給が高い会社TOP100!!

【就活生必見】初任給が高い会社TOP100!!

こんにちは。

関西ライターのあざらしさんです。

みなさんは就職活動をする中で、初任給の重要度はどれくらいでしょうか。
「こんなご時世だから、手取りが20万あればいい!」「大手にいくんだから25万はほしいな」「とりあいずそんな贅沢なこといってられない!就職できればいい!」など意見はさまざまでしょうか。

筆者てきには、やはり初任給は高い方がいいですね。初任給で親に何かプレゼントなどをしたいものです。そこで今日は初任給が高い企業のTOP100(東洋経済オンラインより引用)をご紹介したいと思います。
 

初任給が高い会社【1位〜50位】

初任給が高い会社【1位〜50位】

まずは1位から50位です。
栄えある1位に輝いたのは日本商業開発株式会社。初任給はなんと50万円です!
本社は大阪市中央区。不動産投資事業、賃貸業、土地資産の運用企画や仲介業を行っている会社です。設立からまだ15年とまだまだ若い会社ですが、東証一部上場企業で部類としては大企業に入る会社です。

2015年度よりはじめて新卒採用をおこなった会社で、新卒一期生もたったの2名。これまでは中途採用のみだったが、将来の社長候補として中途ではなく新卒の優秀な人材を確保したいということで他企業では考えられないような初任給を設定しました。

上場企業であるにもかかわらず知名度が高くない会社なので、PR効果も狙っての高額初任給でしょう。

TOP50に入っている企業の中には名前のきいたことのないような企業も多数あるほか、やはり時代なのかIT企業が多いように感じますね。2位にランクインしているKLabもソーシャルゲーム開発企業で、スマホアプリに注力している会社です。

他にもユナイテッドやサイボウズ、「白猫プロジェクト」や「魔法使いと黒猫のウィズ」を製作したコロプラなどITベンチャーと呼ばれる企業は初任給が比較的高いように感じます。

【50位〜100位】

【50位〜100位】

続いて50位から100位ですが、どれも25万円前後とかなり高い数字になっていますね。
58位にランクインしている”じげん”の平尾社長はリクルート出身の最年少社長として話題にもなっていましたね。
ちなみに初任給の最低額は15万円。平均は20万7450円でした。注意していただきたいのは、初任給が高いからといって毎月の”給料”が必ずしも高いとは限らないということです。

今回の回答に協力してくれた企業はおよそ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ