特集記事

【人事が語る!】こんな就活生は不合格でしょ!

【人事が語る!】こんな就活生は不合格でしょ!

就活において何よりも大切なのが「面接を突破すること」ですよね。
面接を通らないと内定はもらえませんから、面接を突破することが重要です。
ですが、落とされるのはなぜでしょうか?
落とされるということはそれなりに「理由」がありますので、面接官にマイナス映らないようにすることが大切でしょう。
今回は、「こんな学生は嫌だ」と思われることをご紹介いたします。

①社名も言えない

本来絶対にあってはいけないのが、エントリーした会社の「社名」を言えないということ。
インターネットで「一括エントリー」機能を使ってしまった人によくあるのがですが、この「とりあえず気になる会社に一括で応募する」という行為がこういった罠に陥ります。
エントリーするのであればその会社をきちんと知っておく必要があるのに、社名さえ言えないなんていうのは言語道断です。

某人事談(業種:メーカー)「びっくりしたのは、ウチの会社の志望理由を聞いたときに、“○○社さん(競合の社名)の社風に惹かれました!”と堂々と社名を間違い、その後もずっと間違い続けていたことですね(笑)競合他社も受験していることはありますが、社名を間違われることはそうそう無いのでインパクトが大きかったです」

①社名も言えない

②空気が読めない学生

他の人たちと同じことをやってもいけない・・・と思うことはとてもいいことだと思います。
しかし、空気が読めない学生は採用担当者から嫌われてしまいます。
自分をアピールすることと、ただの目立ちたがり屋とは違うものなのです。
目立とうとしてスーツ姿ではなく、オシャレ着を着て面接に来るのも、失礼に値することになることを覚えておきましょう。

某人事談(業種:小売)「個性をアピールしたい、他の学生とは違うところを見せたい、という思いはわかるのですが、集団面接で他の学生さんの質問に対する回答にいちいちケチをつけたり、あまりにも大きな声で笑ったりなんていう人もいましたね。当然、結果は・・・」

画像引用:http://mery.jp/22119

②空気が読めない学生

③マナーがなっていない

社会人としての言葉遣いや態度、挨拶ができていない学生いりません。
面接中はまともであっても、面接の前や直後におしゃべりをしてしまう・・・というのも困りものです。
面接担当者はしっかりそういうところも見ています。
立派なことを言っても、結局、社会人としてのマナーがなっていないのであれば、その時点でアウトです。
特に最近の学生は「敬語を知らない」と言われています。
敬語の使い方を間違えると恥をかきますし、お客様や取引先で粗相をしてしまう可能性も高いですから、マナーと言葉づかいはできて当たり前にしておくようにしてください。

某人事談(業種:IT)「面接に明るい茶髪で来た学生さんが、ちょ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ