/category/column/post-25735/

特集記事

  • お気に入り
  • 6371SCORE

口下手でも面接で失敗せず内定を獲得できるコツ

口下手でも面接で失敗せず内定を獲得できるコツ

就職活動にはほぼ必ずといっていいほど面接があります。
面接とは、その会社の人間と直接対話形式で話をして、志望者の“人となり”や“どうして自社を志望したのか?”などを具体的に聞くことにより、お互いのマッチングを確認し合うものです。
 
就活を成功させるために、実質的に一番の関門がこの「面接」による試験かもしれません。
当然面接官は初対面の人間です。初対面の人間に自分の熱意を充分に伝えるには簡単な事ではありません。それが普段から口下手な人間という事なら尚更です。
 
それでは口下手な人間が面接を突破するのは不可能な事なのでしょうか?
もちろんそんな事はありません。
しかし事前に準備しておきたい事がいくつかあるのは間違い無いようです。

面接はプレゼンの場である

この記事の表題には大企業から内定をもらえるとありますが、基本的に面接の在り方や意義は大企業でも中小企業でも変わりはありません。
大きな企業でもそうで無い企業でも人事の目的は、「いかに自社の業績を伸ばす事の出来る人材を取り込むことが出来るか」という点で共通しています。
つまり面接のコツも基本的には同じと考えて良いでしょう。
 
貴方が面接の時に面接官に伝えるべきメッセージは、
「自分はこのような能力があります、この能力はきっとアナタの会社を儲けさせます、私を採用しないのは社の損益ですよ」といった具合です。
これを端的に表すとプレゼンテーションです。
つまり面接とはただ単に「お互いを知るお見合いの場」では決して無く、「自分という人材を売り込む営業活動」と捉えるのが正解です。
 
面接力を鍛える方法があるとすればそれはプレゼン能力と共通する点は多いです。
素晴らしいプレゼンとはどのようなものか?を考えるのが一番の近道かもしれません。

面接はプレゼンの場である

口下手で失敗しないための注意点

面接には、「よく聞かれるいわゆる定番の設問」がいくつか存在します。このような事は少し調べればいくらでも情報が得られるため割愛します。
一番いいのは経験者に話を聞く事でしょう。身近にそんな存在がいるなら是非ともアドバイスをもらいましょう。
 
特に口下手な人で一番多いのは、準備してない質問をされてしまい焦ってしまう事だと思われます。
予想外の事態で焦ってしまった時は、とにかく落ち着いてゆっくりでも、多少たどたどしくなっても構わないので論理的に話すように努めるのが一番です。
営業職志望ならそれなりの話術が求められるために言葉に詰まるのはマイナス要素かもしれませんが、それ以外であれば求められるのはごく一般的なコミュニケーション能力です。会社の仲間と問題無く意思の疎通ができればそれでOKとされるはずです。
そのため多少たどたどしい話し方になっても大方の意味合いが伝わるようにゆっくり伝えれば大きなマイナスになる事はありません。

口下手で失敗しないための注意点

まとめ

繰り返しになりますが、面接とは自分を売り込むプレゼンの場です。
そしてその内容さえしっかり伝える事ができれば多少口下手でも大勢に大きく響く事はありません。自分が口下手だと自覚のある人はとにかく落ち着いてゆっくりしゃべる事を心がけると良いかもしれませんね。
 
そしてこちらの熱意を見せるためにも、気になる点があればこちらからどんどん質問をするようにすれば、その会社に興味あるという良いアピールになります。当日に面接していて気付いた事があったらどんどん質問をしましょう。それは面接官にとっては決して面倒な事では無く期待の持てる手応えとして伝わるはずです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ