/category/column/post-38913/

特集記事

  • お気に入り
  • 555SCORE

【就活都市伝説】企業は内定前に個人SNSをチェックしてる?!

【就活都市伝説】企業は内定前に個人SNSをチェックしてる?!

就職活動においても、SNSは欠かせない手段の一つとなりました。”ソー活”という言葉が生まれるほど、ソーシャルメディアでの就職活動が重要になり、規模を拡大しつつあります。

しかし、そんな中で、企業が内定前に個人のSNSを確認し、内容などを吟味しているという噂もあります。

個人が運用するSNSが就職活動にどれくらいの影響を与えるのか、またSNSを運用する際に気をつけるべきことについてお伝えします。

【SNSで就職活動の結果は変わってくるのか】

企業によって、個人のSNSへの捉え方の重要度が違うので、一概に言えることではありません。

集められる情報はできるだけ集めたい、という考え方の企業もあれば、いかにして内定者の候補を絞るかというためにSNSの閲覧をする企業など、様々です。

また、閲覧の範囲を指定している人が、企業の悪口などを書いているのではないかと疑われることもあるようです。

一方で、SNSなどは全く気にせず、就職試験の結果には全く関係がないという企業もないわけではありません。

しかしSNSの普及率を考えても、全くの無関係で就職活動を進めることは困難になってくるはずなので、十分注意を払うことが必要です。

【SNSに投稿してはいけない内容】

基本的には、誰が読んでも不快にならない投稿であれば、企業側が問題視するようなことはありません。

しかし、未成年での飲酒や、酔ってしまった際の話、写真などをアップしていると、就職活動中のことでなくても企業は捜し当てたりすることがあります。

さらに、必要以上に社会問題に対して批判したり、芸能人などの著名人をバッシングするのもよくないことです。

加えて就職活動中の、企業への悪口などは絶対に書かないようにしましょう。自分が就職試験を受ける予定のない企業でも、誹謗中傷をしていることに変わりはないので他の企業が見て嬉しいはずがありません。

就職活動でのストレスなど、発散したいこともあるかもしれませんが、企業に見られている可能性を捨てることができないので、むやみやたらに投稿するのはやめましょう。

【SNSを利用する上でのルール】

就職活動に関わらず、SNSを利用する上で、ルール違反はルール違反です。必要以上の誹謗中傷したり、社会問題への言及などは就職活動中でなくても、マナー違反にあたります。

誰がいつ見ても問題のないような投稿を心がけるべきでしょう。

SNSは完全プライベートなものだと認識している人も多いようですが、ネット社会が進んでいる今、調べればすぐにわかってしまうSNSアカウントの管理は十分に気をつけてください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ