特集記事

【就活での失敗談】面接でやっちゃった赤面体験談

【就活での失敗談】面接でやっちゃった赤面体験談

就職面接で、緊張のあまり失敗してしまった行動や言動はありませんか?

先輩方にもそういった経験の持ち主はいます。

とんだ赤っ恥をかいた経験談を読んで、反面教師として(笑)心を落ち着かせて就職面接に臨んでください。

【面接官を「先生」、「お母さん」と言ってしまう】

これは、学校あるあるでもありますね!

よく聞く失敗談ですが、就職活動でも実際に多いようです。

中学、高校受験で、面接試験があった人はもしかしたらすでに失敗した経験を持っているかもしれません。

絶対にそんなこと言うはずがない、と冷静な時は思っているのですが面接官を前に過度な緊張をしてしまった時には、あり得る失敗です。

これは面接や、面接の雰囲気になれること、また失敗した経験のある人は何度も自分に言い聞かせるしかありませんね。

なにより緊張が影響してくるので、落ち着いて面接に望むことが大切です。

【「理由は3点あります」が、本当は2つだった】

何か質問された時に、順序立てて話すために始めにいくつの項目について話すかを明言する方法があります。

そこで、「〜の理由は3点あります」と言ったのに、実は2つしか頭に浮かんでいなかった、もしくは緊張して忘れてしまったなどの経験をする人が意外に多いようです。

3つあると言った以上は、3つの項目について話すべきですが、どうしても思い出せなかったりそれ以上思いつかない場合には、その旨を一言告げて終えましょう。

そうならないためには、やはり冷静な思考を保つこと。

本来2つしか理由がなかったとしても、冷静であれば3つ目が即座に浮かぶ場合もありますし、根本的に2つしかないものを3つ、と言ってしまうこともないはずです。

【面接官の前で履歴書を破ってしまう】

面接によっては、面接試験会場で、面接官に直接履歴書を渡す必要があります。

その際、面接官に接近するので、その圧迫感や雰囲気で、履歴書にシワが入ってしまったり履歴書が破けてしまうことがあるようです。

面接の一番最初に提出するのが普通なので、一番緊張している時で失敗してしまったら仕方がありません。

理想は、予備のものを用意しておくことですが、用意してなかった場合には素直に伝え、謝ることが大切です。

【まとめ】

面接での失敗の原因は、ほとんどが緊張によるものです。

雰囲気や面接官に圧迫され、普段の自分では考えられないミスをしてしまうものです。

面接では、何より自分を冷静に保ち過度に緊張しないことが大切です。

そのためには対策を取れる部分では予めしっかりと準備をし、落ち着いて臨むことが大切ですね。

ただ難しいのは、準備し過ぎると、想定外の質問が来たときにとっさに答えられなかったり、パニックにな

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ