/category/column/post-42902/

特集記事

  • お気に入り
  • 6114SCORE

内定者同士で恋愛発展!?女性新入社員はモテモテ!?【同期と付き合う方法】

内定者同士で恋愛発展!?女性新入社員はモテモテ!?【同期と付き合う方法】

こんにちは!のっちです。

これから何度か行くことになるであろう、内定者懇親会。
もうすでに行った人もいるかもしれませんね。
内定者懇親会は、同期と仲良くなれる素晴らしい場ですが、
もう1つの顔として、出会いの場でもあると考えられます。

「内定者懇談会に可愛い子がいるとテンション上がる!絶対この子と仲良くなろうって思って社会人生活への期待も持てるよね。」

出会いを求めている人なら、どんな同期がいるかチェックしますよね。
「この人気になる!!」
そんな人が見つかった人、ぜひ積極的に行動していきましょう!

女性新入社員に恋に落ちる瞬間

女性新入社員って、初々しくてかわいいですよね。
特に、どんな瞬間に女性新入社員に恋におちるのでしょうか。
 

第1位「一生懸命に仕事をしているとき」……45.7%
第2位「緊張している姿を見たとき」……39.6%
第3位「知らないことを尋ねてきたとき」……21.3%
第4位「大きな声であいさつをしてくれたとき」……20.3%
第5位「失敗してしょんぼりしているとき」……17.3%
第6位「素直に先輩の助言を聞いているとき」……14.7%
第7位「慣れない敬語を一生懸命使っているとき」……10.7%
第8位「デキる先輩の姿を見て目をキラキラさせているとき」……9.1%
第8位「飲み会で仕事中とのギャップを感じたとき」……9.1%
第10位「雑用を率先してやる姿を見たとき」……7.1%

 
新入社員には、様々なかわいいポイントがあります。
先輩からも、狙われる対象となりますね・・・!!

女性新入社員に恋に落ちる瞬間

気になる同期と付き合うためには?

同期と付き合うために、おすすめしたいことを4つご紹介します。

第一印象は大切に
第一印象で、「この人と仲良くなりたいな」と思ってもらうことが大切です。
恋愛的な出会いにおいて、第一印象というのは付き合うためのには重要な意味を持っています。第一印象が良いか悪いか、それがその人の印象に直結してしまうからです。
もちろん恋愛の全てが第一印象だけで決まるわけではありませんが、 社内で関わることが少なければ第一印象が強く残ることもあるでしょう。また、人間は「初めて」の出来事を強く長く記憶に残します。初めてその人に会って、最初にその人に抱いた印象というのは、いつまでも強く残っているものです。 社内恋愛の場合、同じ職場で働いていくわけですから、2回目以降の記憶は、強いインパクトのある出来事でない限りどうしても第一印象が強く残ります。第一印象、かなり大切ですね。
 
仕事のできをみせる

多くの女性は、仕事ができる人を「かっこいい」と思います。
特に、社会にでたばかりの女性社員は不安がたくさんあります。
そんなときに、仕事ができる同期がそばにいたら、頼れる存在だと
思ってもらえるでしょう。仕事ができることは、とても好印象なことなのです。
 
相談にのってあげる
とことん相談にのってあげましょう。
相談しているうちに、相談相手のことを好きになってしまった、というパターンはよくあります。たくさん親身に話をきいてあげることで、「この人頼れるな、安心するな」と思ってもらいましょう。

一緒にいる時間を増やす

結局はこれにつきます。一緒にたくさんの時間をすごすことです。相手の中で、自分の存在をいかに大きくできるかが鍵です。一緒に時間をすごすことで、信頼関係も生まれます。

気になる同期と付き合うためには?

しっかりとステップをふんで

ここで一つ注意したいことがあります。
同期にアプローチするときは、しっかりとステップを踏みましょう。
これからずっと同じ会社の同期として働いていく可能性がある仲間です。
ステップを無視して大胆にアプローチしたら、ひいてしまう女性もいます。
また、焦りすぎて振られてしまったときは、気まずい関係にもなります。
仲良くなるところから、告白するところまで、様子をみながら
ステップを踏んでがんばってください。

まとめ

いかがでしたか?
就職先では、もちろん第一に仕事をがんばって欲しいです。
それに加えて、恋愛をすることは人生を豊かにしてくれます。

「この子と付き合いたい!」
そんな積極的な気持ちがあるみなさん、
ぜひステップを踏んで、彼女にアプローチしてみましょう!

まとめ

あわせて読みたい記事はこちら!

参考資料:https://careerpark.jp/17914?page=2 https://careerpark.jp/3154?page=3
画像引用:https://discoverytimes.wordpress.com/author/discoverytimes/ http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=ST13176 http://a-angle.com/?p=2533 https://qrank.jp/r/NItHIwfT http://careerpark.jp/2710

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ