特集記事

【生きる為には2億円必要?!】就活生が知らない将来かかるお金

【生きる為には2億円必要?!】就活生が知らない将来かかるお金

 
 
就活生のみなさん、
将来どれくらいのお金がかかるのかについて、考えたことはありますか?
まだ結婚できるかも分からないから考えても無駄!なんて無計画のままだと、
あとになって後悔するかもしれませんよ?
 
 
人生には沢山のイベントがあります。
結婚、出産・子育て、マイホーム購入、介護、リタイア・・・・
その都度大きな額のお金がかかります。
 
 
突然大金が必要になる場合を考えると、必要資金を貯めておくことはいざという時のためにとても重要なんです!
今回は、人生のイベント(ライフイベント)にかかる費用がどれくらいなのかを紹介したいと思います!
 
 

【結婚費用】

【結婚費用】

 

結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用総額平均金額です。
※「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」より
 

近年、結婚はするけど式を挙げないカップルが多いようです。
その理由No.1が「費用が高額だから」。
でも、一生の思い出になる結婚式、新婚旅行は大切にしたいですよね。
そうなるとかなりの費用がかかりそうですね・・・!

【出産費用】

【出産費用】

 

出産費用(入院料・室料差額・分娩料・検査・薬剤料・処置・その他)の平均総額です。
※厚生労働省「第40回社会保障審議会医療保険部会配布資料」より
 

平均は約47万円ですが、実際には50万~100万くらいの費用を見積もっておくべきでしょう。
 

基本的に妊娠・出産には健康保険がきかないのですが、公的に費用を軽減することができるんです。それが公的補助制度です。
出産の際には、いくつもある公的補助制度を知らないと損してしまいます。

【教育費用】

【教育費用】

 

子ども1人あたりの総額(幼稚園から高校まで公立、大学が私立の場合)
文部科学省「子どもの学習費調査」(平成24年度)
 

子どもを持つとお金がかかるとは言うけども、実際は950万円よりも多くかかるようです。
マイナビニュースの調査によると、社会人になるまでに必要だと思う教育資金をきくと、
「子ども1人あたり1,000万円~1,400万円くらい」と答える人が47.6%が最多でした。
 

その上、養育費用まで合わせると、なんと子ども1人あたり約2,370万円!!!
家が一軒かえそうです。
その上、公立と私立の差はとても大きく、私立に通わせ続けると、倍近い教育費用がかかるといいます。

【住宅購入費用】

【住宅購入費用】

 

住宅の平均購入価格です。
建売住宅は約3,320万円、マンションは約3,862万円です。
※住宅購入支援機構「2013年フラット35利用者調査報告」

また、家の購入額はその種類によって違います。

~平成25年度の購入資金の平均~
 

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ