/category/column/post-47978/

特集記事

  • お気に入り
  • 193SCORE

就職活動における服装について

就職活動における服装について

就職活動における服装のマナー。

どんな服装で行けばいいか不安!!

就職活動中、服装に悩まされることが多々あるかと思います。「スーツは黒しかだめなのかな?靴は?」「ネクタイは派手すぎるとだめなのかな?」「クールビズで指定されたけど、本当に行ってもいいのかな?」などが挙げられるかと思います。今日はそんな質問に答えていきたいと思います。

どんな服装で行けばいいか不安!!

そもそもなぜ服装に気をつけなければならないか。人間が情報を得るときどこからの情報を重要視しているかという研究データがあります。情報を得ているかというと、見た目や表情、しぐさ、視線などの視覚情報が55%、声の質、速さ、大きさ、口調などの聴覚情報が38%、話の内容、言葉そのものの意味などの言語情報が7%といわれています。これをメラビアンの法則といいます。つまり人間は半分以上視覚からの情報に頼っていることになります。このことから見た目が必然的に大事になりますよね!

どれを選んだらいいの??

まずスーツの色について。世の中にはいろいろなバリエーションのスーツがありますよね。色は黒、グレー、紺色、茶色、黄土色など、柄もストライプタイプのものなどさまざまです。しかし就活においてはどうか。基本的にはスーツの色は上下とも黒です。しかしそれだと個性がなくなってしまう。みんな同じ風にしか見えなくなるという意見もあります。しかし私が推したいのは、黒以外の紺色や薄いダークグレーのスーツです。その理由は、他の就活生と差別化できるから。やはり、説明会やグループ面接の中で一人だけ少し色の学生がいると自然に目がいってしまい、面接官に印象が残りやすくなります。実際には紺色や薄いダークグレーのスーツも就職活動で使える色なんでそこは安心しても大丈夫です。筆者の場合は、黒のものと、紺色のものを使っていました。一着だけだとスーツもすぐに痛みやすく、さらに色も少し変えておくことでちょっとしたファッション感覚で気持ちよく朝出発することができます。特に紺色のスーツを着て面接に行ったときは、「説明会で見たよ!」と覚えてもらっていたことが多かったです。

靴にもルールがあるの?!

靴の色について。結論から申しますと、黒であまり柄が派手ではないものを履いていきましょう。いきましょう。もう一点アドバイスしておくと、就職活動が始まったら2足、3足を一気に買ったほうがベターです。就活中は移動する距離がどうしても長くなるので、一足しかもっていないとすぎにかかとが磨り減ってしまったりして痛んでしまい、結果的に見た目が悪くなってしまいます。ベルトも靴と同じ黒色で合わせていきましょう。ネクタイの色についてですが、緑、赤、黄色、青などのストライプタイプが安全でしょう。

夏場の酷暑の服装は?

今年の就活は6月解禁ですよね。夏も差し掛かってくるころで、企業によってはクールビズ推奨と連絡をしてくれるところもあります。就活生の中では、「ほんとにクールビズでいいの?」という疑問を持たれる方も多いかと思いますが、これはクールビズで大丈夫です。著者もあまりに暑い日などは半袖のカッターシャツを着ていったりもしました。冒頭にも申した通り、見た目は面接に挑む上でとても大事な要素になります。見た目に気をつかって就活を成功させましょう!!

夏場の酷暑の服装は?

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ