特集記事

【就活ネイル】おしゃれ女子必見☆ミ就活時のネイル☆ミ

【就活ネイル】おしゃれ女子必見☆ミ就活時のネイル☆ミ

就活での注意点に身だしなみを整えることがあります。

清潔感があることが重要ですから、服装や靴、髪型、メイクなどにも一層気を遣わなければなりません。

ですが、意外と忘れがちなのは手元で、よく見られるポイントでもあります。

ネイルや爪の長さはどの程度が良いのかをお話します。

爪の長さはどれくらいが良い?

女性の場合は、男性と違って面接の時は握りこぶしではなく手を重ねた状態でお辞儀や腿の上に添えるなどの指導をされますので爪は面接官からわりと見えています。

手先の綺麗な女性は好まれますので、少しでも良い印象を持ってもらうためにネイルを、と考えている人ももしかしたらいるかもしれません。

ネイルを行う前にまず確認して欲しいのが爪の長さです。

長さは1mmから3mm程度が好ましく、長い爪も深爪もよくありません。

長過ぎるのは不潔感を出してしまうということもありますが、長過ぎれば常識がない印象を持たせ短すぎれば子供っぽいがさつな印象を持たせてしまいます。

ただ、趣味がピアノなど楽器の演奏の場合は爪が短くても納得される可能性は高いですので短すぎるのが必ずしも悪いとは言い切れません。

ネイルは原則NG!使う場合は自爪と似た色で

長さを整えても爪の色が奇抜過ぎれば印象は一気に悪くなってしまいます。

就活で欠かすことが出来ないポイントは、自分がいかに綺麗かをアピールすることではなくいかに清潔感を出し社会人としてのやる気をアピールするかです。

このためネイルをしていると逆に印象が悪くなり、良い印象を持たれません。

特に飲食業や銀行員など食品を扱う仕事で、厳しい対人スキルが求められる仕事である場合は、ネイルをしているだけで不合格にする理由にもなってしまいます。

ネイルは原則NGと考えておいた方が良いですが、逆にネイルがあった方が良い業界もあるので全てにおいてNGとも言い切れません。

ネイルを行う時はベージュや薄いピンクといった本来の爪の色に近い色を選ぶようにしましょう。

透明感があるタイプの方が不自然に見えませんので、あくまで手元を綺麗に見せるためのオプションという立ち位置に抑えて下さい。

勿論ラメ入りや極端に光沢があるものはふさわしくありませんので注意が必要です。

清潔感は絶対に忘れずに

爪の長さが完璧でネイルをしていなくても爪にごみが溜まって汚い状態であると、ネイルをしているよりも印象は悪いです。

きちんと指先まで洗うようにして、清潔さを維持するようにしましょう。

また、どうしてもネイルをしなければ気になっていられない場合は、日頃から爪に美容液を塗るなどして手入れをするようにした方が手元を見られた時の印象は良くなります。

就活生として相応しいのはどんな爪かを考

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ