特集記事

【就活生の悩みを解決!】面接で他社の選考状況を聞かれたらどうすればいいの?

【就活生の悩みを解決!】面接で他社の選考状況を聞かれたらどうすればいいの?

多くの企業へエントリーし、面接・選考が進んでいく中で「他社の選考状況」を聞かれてしまったら、答えに悩みますよね…。

はたしてどこまで正直に答えるべきか、嘘をついていいのか、どのようにこたえれば正解なのか難しい質問ですよね。

今回は企業側がその質問をしてくる意図と、それに対する効果的な答え方について紹介したいと思います。

「他社の選考状況」を尋ねる理由

企業が他社の選考状況を尋ねる理由を3つほど紹介します。

① 【同業他社がどの程度この人材を欲しがっているのかを知りたい!】
同業他社からいくつか内定を貰っているかで、「この学生がどれほど優秀で他社が必要としているのか」を計り知ることができます。

② 【就活生の「就活する上での企業選択の軸」を知りたい!】
質問することによって、就活生がどのような軸で就職活動をしているかを知ることができます。

また、「軸を持っているか」「志望動機がはっきりしているか」を確認する意図もあります。

軸に一貫性や共通点があり、その軸が自分の会社に乗っているのであれば、それだけ学生が本気で志望してきているのだと分かります。

逆に言うと、軸に一貫性がない・軸がはっきりしない・どんな基準で企業を選んでいるのか分からないとなると、自分の会社への志望度も疑わしくなります。

③ 【どれほど活動的な人なのか知りたい!】
意欲的に様々な企業を受けている人は、仕事に対しても意欲的・活動的に取り組むことができるだろうということを基準に質問しています。

上記はあくまで例であり、企業がこの質問で何を得ようとしているのかの目的は様々ですが、

どのような場合でも好意的に取ってもらえるような答え方をできるようにすると良いでしょう。

「他社の選考状況」を尋ねる理由

実際に聞かれたら、何と答えればいい?

基本的に嘘をつく必要もありませんが、だからといって全てを正直に言う必要もありません。

企業は就職活動の軸を知りたがっている場合が多いので、しっかり軸を持って答えれば大丈夫です。

その企業との共通点を持った何社だけを上げ、「こういう共通点(軸)を基に選んで受けています」ということを伝えと良いでしょう。

例)
「A社B社に内定をもらい、C社D社で選考中です。
○○に興味があるので△△ができる会社を中心に選考を受けています。」

軸がぶれ、定まっていない場合は、無理して軸を作らなくても大丈夫です。

嘘を付くことで後々の質問で困ってしますことがあるかもしれないので、嘘はつかずに正直に答えましょう。

その際、軸がはっきりしていない分、その企業を受けた理由をしっかり応えられるように準備しておきましょう。

例)
「社会を知る良い機会なので、様々な企業を現在受けています。」
「○○か××

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ