特集記事

【就活生必見!】学歴が無くても大手企業の内定を獲得できるたった3つのコツ

【就活生必見!】学歴が無くても大手企業の内定を獲得できるたった3つのコツ

 
「就活」と「学歴」
 
これは切っても切れない関係にあるものですよね。
今の時代、就職先を見据えて大学を選ぶ人も数多くいるぐらいです。
 
しかし、だからと言って必ずしも
「学歴が無いと人気企業に就職できない」という訳ではないのです。
 
今回は、ある私の知り合いにバトンタッチをし、彼の就活テクニックを皆さんに伝授してもらおうと思います。
 

私の自己紹介

 
こんにちは。Oと申します。
現在大学4年生で、就職活動では金融、商社、メーカーを中心に受けていて、
最終的に大手総合商社の内定を頂き、就職活動を終えました。
 
そんな私ですが、ハッキリ言って「めちゃくちゃ低学歴」です。
 
偏差値でいうと、
40台前半の大学に通っていました。
 
そんな大学がどういうところかというと、
有名大学の学生とは違って就職活動に対する意識も低く、「ソウゴウショウシャってなに?」と言う人もいるくらいのレベルでした。
 
そんな中でも私は、しっかりと当初から志望していたいわゆる「五大商社」のうちの1つから内定を頂くことが出来ました。
 
もちろん運も少しはあると思いますが、
なにより自分が実践した「コツ」が内定を導いてくれたと思います。
このコツは、例え私のように学歴が無くてもしっかりそれをカバーしてくれる、むしろ他の有名大学生よりも有利にしてくれるものです。
 
是非見てみてください。
 
 

【コツ①】受ける企業をしっかり見極めろ

【コツ①】受ける企業をしっかり見極めろ

 
 
まず、選考を受ける企業をしっかり見極めて下さい。
つまり、自分が受ける企業・受けない企業を明確に分けるということです。
 
これ、実はとっても大事です。
 
なぜなら、就活において「明らかに学歴フィルターがある企業」というのが存在するからです。
これは、業界やその会社の規模によるのですが、
例えば「MARCH以下はエントリーシートを読まない」
「早慶上智以下はセミナーに予約できない」
などのフィルターが存在します。
しかもそういった企業はHP等で公然と、「学歴などは問いません。幅広い人材を受け入れています。」などと言っているのです。
 
現に私も、受けた企業の中で何社かは説明会・セミナーにすら参加させてもらえませんでした。
こういった企業にエントリーすると、例えば企業分析・OB訪問をする時間や、エントリーシートを書く時間などが全くもって無駄になってしまいます。
 
なので、まず初めに
「自分が受けようとしている業界・企業には、学歴フィルターがあるのか」
「もしあるなら、どの程度のものなのか」を事前に調べて下さい。
案外ググれば出てきます。
 
 
調べると分かるかと思いますが、
案外大手企業の中でも学歴フィルターが全く無い/あまり無い企業というのが存在

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ