/category/company/post-27592/

企業研究

  • お気に入り
  • 436SCORE

【人材輩出企業】リクルートグループ

リクルートといえば、現在の就活スタイルを創り上げたと言っても過言ではない影響力の強い企業ですね。
リクルートの雑誌やフリーペーパー、Webサイトを見たことの無い人はいないのではないでしょうか。
 
「ガテン系」「とらばーゆする」などの流行語を生み出し、
「リクルートスーツ」「フリーター」といった言葉を世に送り出したのもリクルートです。

◆歴史

1960年に江副浩正氏が、大学発行新聞の広告代理店「大学新聞広告社」として創業したのが始まりです。
1963年には社名を株式会社日本リクルートメントセンター、そして株式会社日本リクルートセンターへと変更。
1970年に「リクルート進学ブック」、1975年に「就職情報」、1976年に「住宅情報」を創刊。各分野のパイオニアとなります。
1980年代に相次いで「とらばーゆ」「FromA」「Car Sensor」などを創刊。
1984年、社名を株式会社リクルートへ変更します。
1988年に、有名な「リクルート事件」が発覚。社会的信用の失墜とバブル崩壊が重なり、急速に経営状況が悪化します。
1989年、現在へと続く経営理念を制定。企業理念として「私たちは常に社会との調和を図りながら、新しい情報価値の創造を通じて、自由で活き活きした人間社会の実現を目指す。」としました。
この頃、新規事業提案制度の基礎である「RING」がスタート。事業の活性化が図られます。
1992年に江副浩正氏がダイエーの創業者である中内功に株式を譲渡し、リクルートは事実上ダイエーグループ傘下にはいります。
2000年代に入り、RECRUITブランドを再構築。「Hot Pepper」などのフリーペーパー事業や各Webサービスが勢いを増していきます。
2012年には経営体制を刷新。各事業領域ごとに分社化されました。

◆一生丸ごとリクルート色に染まる事業展開

誕生(「妊すぐ」「赤すぐ」)に始まり、進学(「進学ネット」など)、就職(リクナビ)、結婚(ゼクシィ)、転職(リクナビNEXT)、マイホーム(SUUMO)…、とおよそ一生涯に渡ってリクルート発信の情報に接して生きていくような隙のない事業展開が特徴。

◆リクルートグループの経営理念

ミッション(目指す姿)
『私たちは、新しい価値の創造を通じ、
社会からの期待に応え、
一人ひとりが輝く豊かな世界の実現を目指す。』
 
ウェイ(大切にする考え方)
『新しい価値の創造』
『社会への貢献』
『個の尊重』

◆人事輩出企業としても有名

数多くの起業家・実業家を輩出している企業とても知られるリクルート。
国会議員や作家、評論家も数多くいますが、一世を風靡した「iモード」の開発者や「シーマン」を手掛けたゲームクリエイター、東京ガールズコレクションの仕掛人など、ユニークな人材を数多く輩出しています。

◆個性的な企業文化

リクルートの最大の特徴は、新しい価値やイノベーションを生み出す力にあると言われています。
それを支える大きな原動力とされているのは、リクルートならではの新規事業提案制度や社内表彰制度。
新規事業提案制度で評価された起案には賞金も与えられ、実際に事業を立ち上げることができます。
また自分手掛けた仕事をきちんと派手に(ここ重要)表彰してくれるのも、モチベーションアップに確実に繋がっています。

◆まとめ

現在当たり前のように目にしている情報も、最初はリクルートが発信し始めた、と言うものも少なくありません。
大企業となった今でも起業家精神を忘れず、新しいことにチャレンジし続ける姿勢がまさに「リクルートらしさ」ですね。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ