就活においての業界研究

大手ではできない革新的な新しい事にチャレンジできるベンチャー企業がおすすめ!

大手ではできない革新的な新しい事にチャレンジできるベンチャー企業がおすすめ!

就活をしながら、どのような企業を選ぶかで迷う事もあるでしょう。
特に内定をいくつかの企業からもらった場合に、大手にするのかベンチャー企業にするかでも悩んでしまう事があるかもしれません。
どんな部分に違いがあるのか、その選び方をこちらでは解説していきたいと思います。

最初は大手の企業で経験を積むのもあり

様々な企業を受けているうちに、いくつかから内定を頂く事があるでしょう。
実際に私も無事いくつか気になっていた企業から内定を頂いたのですが、正直自分にはどの企業が合っているのか、分からず悩んでしまいました。
今同じように困っている方がいれば、ベンチャー企業で働くのも良いですが、始めは大手企業から始めてみるのも良いでしょう。
特に仕事の常識を学んだり、社会人としての教育や研修の環境がすでにきちんと整っています。
もし働き続けてみて、疑問に感じる事が出てしまったり、本格的に転職を考えてしまっても遅くはないですし、今までの経験も無駄にはならず資産になります。
私も就活をしていた時はとても悩んで、まずは大手の企業で働くことにし、その後転職をしました。
働きながらも昔に覚えた知識や経験などが生かされていますし、何事も無駄な経験はないのだと実感しています。

最初は大手の企業で経験を積むのもあり

ベンチャー企業は稼げる

実は大手企業で働いたその数年後、就職活動をしていた時に実は働いてみたいと悩んでいたベンチャー企業に転職をしました。
ベンチャーとは、大企業では難しい新しい技術や革新的な経営を行う中小企業の事を言います。
大企業ほどの安定感はなくても、それなりに福利厚生なども整っている企業もあります。
一言で言ってしまえば、自分の力量で稼げる金額が大きく変わるのです。
中間管理職などが大企業のように多数いる訳ではないので、成果を出してもそんなに自分に返ってこないという事もありません。
正当に評価されやすいので、私の場合はやる気もさらに上がりました。

ベンチャー企業は稼げる

特に未上場企業がおすすめ

上場企業になっているところに就活をしていると目がいきがちですが、これから発展をさせて稼ぐ事を考えるのであれば、未上場企業がおすすめです。
ただどの企業でも良い訳ではなく、プロの投資家から見ても将来があると感じる企業を選ぶ事が大切です。
働いているうちに未公開株を貰える事もあり、うまくいけば大きい利益を生み出す株を手にする事もあります。
就活をした後はまず上場企業や大手企業で働き始めても構いませんが、自分の実力で大きく稼ぎ世の中にも還元していきたいと考えている方は、ベンチャー企業で働くとやりがいを感じられるでしょう。

特に未上場企業がおすすめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ