就活においての業界研究

【就活生必見!】コンサル業界の内定を獲るには?自分自身に詳しくなってから就活しよう!

【就活生必見!】コンサル業界の内定を獲るには?自分自身に詳しくなってから就活しよう!

高収入が見込めるとして人気のあるコンサル業界ですが、よく耳にはするものの、具体的にどんな仕事があるのかを即答できる人は少ないでしょう。

これから就活でコンサル業界を目指したいというのであれば、まずは業界について知るところから始める必要があります。

企業の助けをするのが仕事

コンサル業というのは、大きな企業において会計や経営戦略に関する相談を受けたり、相談を受けた結果、企画を立ち上げたりといった仕事を専門に行う業種です。

顧客は大企業になることがほとんどですので、TOBなどの吸収・合併を行う際には助言をしたり、企業の社員と一緒になって仕事をしてくれるよう、求められます。

そのため、企業の運営に関する幅広い知識と、場合によっては資格も必要になることから、仕事内容は非常に難しいといえるでしょう。

その難しさが、高収入に結び付いています。

就活を成功させるコツは

そんなコンサル業界の仕事について理解を深めたら、高収入を得られるコンサル業に就くにはどのような就活をしたらいいかが、大きな悩みとなります。

ただ、コンサルは一つのジャンルに限らず、さまざまな分野で求められます。

IT関係もあれば、財務関係もありますし、戦略や人事に関する要望もありますので、この中のどれにするかを絞らないと、どれでもいいからコンサル業にというわけにはいきません。

財務関係の資格を持ち、財務諸表を完璧に理解できる人なら、財務関係はもちろん、財務面から見た戦略コンサルにも関わることができそうです。

就活にあたっては、自分自身が、これに関しては自信があるというものを持っておく必要があり、それを証明する公的資格を所持していることも不可欠です。

目立ちたい人には向いていないことを知ろう

コンサルが成功し、企業が飛躍的な成長を遂げたとしても、その功績がコンサルを行った人物にダイレクトに表れるわけではありません。

あくまでもアドバイスや助言を行う立場ですので、いわば縁の下の力持ちなのです。

その役割に甘んじることができるかどうかも考えて、就活に臨むことが大事です。

高収入が得られるとしても、自らがスポットライトを浴びたいのであれば、コンサルを頼む企業の側にエントリーシートを出した方がいいでしょう。

裏方としてサポートし、その成功を喜べるなら、コンサル業界への就活ができる資質を持っているといえます。

裏方としてしっかりと仕事ができそうな人だと判断されないことには、そもそもコンサル業界での就活は厳しいでしょう。

知識の習得と共に、自分自身に裏方に徹することができるかどうかを問いかけてから、就活に入ることが大事です。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ