/category/interviewing/post-42029/

面接対策

  • お気に入り
  • 10225SCORE

【それ聞いちゃう?】就活生がしがちな6種類のNG逆質問

【それ聞いちゃう?】就活生がしがちな6種類のNG逆質問

 
「最後に何か質問はありますか?」
やっと面接が終わる・・・なんて、気を抜かしていてはいけません!
コレはラストアピールチャンスなんです!
 
たいていの面接では、最後にこう聞かれるでしょう。
しかし逆質問がなかなか難しい!毎回苦戦する人も多いのでは?
最終関門で台無しにしてしまってはもったいないですよね!
「良い逆質問」には明確な答えはないですが、明確な「NG逆質問」は存在するので、
今回はNG逆質問例をご紹介したいと思います。
 

【自分に自信がない質問】

自信のなさを感じる質問は絶対にNGです。
謙虚な姿勢・発言は時に自信がないような印象を与えてしまいます。
これは逆質問をする際にも同じことです。
ともに利益を追求していく社員を採用したい面接官としては、
「与えてもらう」姿勢の学生を欲しいとは思いません。
このことから、NG逆質問として以下のような例が挙げられます。
 
―NG逆質問例―

「御社では入社後どのような研修が受けられますか?」
「成長しやすい環境でしょうか?」
「勉強できる環境はありますか?」
「ノルマはきついでしょうか?」

 

 

【給与・待遇に関する質問】

 
 
やっぱり気になるお金・お休みの本当のトコ・・・・。
しかし、逆質問でこれを聞いてしまうのはぶっちゃけ過ぎです。
面接官にも良い印象はもたれないのでは?
ここはグッと我慢して、「仕事に興味のない発言」は控えるのがベター。
このことから、NG逆質問として以下のような例が挙げられます。
 
―NG逆質問例―

「昇給はどのくらいの頻度であるのでしょうか?」
「残業は月に何時間ほどあるのでしょうか?」
「福利厚生についてお聞きしたいのですが。」
「ボーナスはどのように決められるのでしょうか?」

 

【勉強不足がばれる質問】

 
企業のホームページや求人情報に載っている情報を逆質問してしまうのは絶対NG。
十分な準備をせずに面接を受けるのは失礼なことですし、何より志望度の低さを疑われてしまいます。それまで順調だった面接が一気に崩れる恐れもあります。
基本的には、公式に発表されておらず、社員の方にしか分からない情報を逆質問で確かめるのです。
このことから、NG逆質問として以下のような例が挙げられます。
 
―NG逆質問例―
 

「御社の強みはなんですか?」
「今1番売れ筋の商品はなんですか?」
「競合会社に比べて御社はどういった違いがありますか?」
「御社の事業内容について詳しく教えていただけませんか?」
 

【よくありがちな質問】

 
今までに数え切れないほどの就活生を見てきた面接官は、同じ内容の質問に飽き飽きしていると思われます。そのためよくある質問はなるべく避けたほうがいいです。
しかし、テンプレ質問が必ずしも悪いわけではありません。社員が実際に感じている仕事のやりがいはなんかは気になるところだと思うので、オリジナリティを出すためにももっと具体的に質問を変えてみるといいかもしれませんね!
このことから、NG逆質問として以下のような例が挙げられます。
 
―NG逆質問例―

「仕事のやりがいを教えてもらえますか?」
「仕事をしていて楽しいことはなんですか?」
「仕事をしていて大変なことはなんですか?」

【意図がよくわからない質問】

 
意図のわからない逆質問をすれば、面接官は困ってしまうでしょう。
逆質問で印象を残すためとはいえ、逆質問の場に適した質問を心がけましょう。
抽象的な質問よりも具体的な質問をしたほうが、面接官にとっても答えやすく良いはず。
このことから、NG逆質問として以下のような例が挙げられます。
 
―NG逆質問例―
 

「○○さんにとって“仕事”とはなんですか?」
「○○さんはご結婚されているんですか?」
「プロフェッショナルとは何だと思いますか?」
「今後の日本はどうなっていくとお考えですか?」

【答えにくい質問】

 
面接官が困ってしまうような質問は控えましょう。円滑なコミュニケーション意識すれば、答えにくいと思われる質問は出ないはずです。
また、逆質問のタイミングで自分の評価について逆質問する就活生が多いようです。
これもNG逆質問。逆にあなたは今日の自分に何点をつけますか?と聞き返されるでしょう。
このことから、NG逆質問として以下のような例が挙げられます。
 
―NG逆質問例―

「私の改善点を教えていただけますか?」
「(人事担当者に)御社の経営戦略についてお聞きしてもよろしいですか?」
「サービス残業はありますか?」
「会社を辞められた社員の方はどういった理由で辞められるのですか?」

 

【まとめ】

 
いかがでしたか?逆質問は一発逆転のチャンスでもあります。
それに良い質問ができれば、その会社への熱意を示すことができます。
切れ味の良い逆質問をする為にも、必ず事前に準備していく必要があるようですね。
 
本番では、面接官と気持ちの良いコミュニケーションをとることを心がけてみてはいかがでしょうか?
あと、何か質問は?の問いに対して「とくにありません。」は絶対に損なのでやめましょう!

画像引用:http://belta-cafe.jp/1071/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ