就活の心得・マナー

【準備はOK?】就活が始まる前に用意しておくもの【19卒】

【準備はOK?】就活が始まる前に用意しておくもの【19卒】

 
さて就活の開始までまだ時間があるとは言え、始まってから用意していては間に合いません。

まだ時間に余裕のある今のうちに必要な物は揃えておきましょう。
 
ここでは必需品、揃えておきたいもの、あると便利なものに分けてご紹介します。
 
就活が始まってから不備がないよう、しっかり準備しておきましょう。

必需品

 
【スーツ・靴・かばん】
 
これらはOB訪問・説明会など選考が始まる前から必要になってくるものです。

早めに探し始め、サイズや形など自分に合ったものを時間をかけて選びましょう。
 
 
【手帳もしくはスケジュールアプリ】
 
就活が始まると説明会や面接等で複雑なスケジュールを管理しなくてはなりません。

自分が使いやすく理解しやすい、スケジュール管理の手段を見つけておきましょう。
 
 
【ネット環境と就活用メアド】
 
就活ではインターネットやメールが主な情報伝達手段となります。

インターネット接続ができる環境を整え、就活用のメールアドレスを用意しておきましょう。
 
この際、採用担当者に見られても恥ずかしくないアドレスにすることに気をつけましょう。

また差出人表示や署名等の設定も一緒にしておくとその後が楽です。
 
携帯電話の留守番電話の設定も忘れずにしておきましょう。
 
 
【証明写真】
 
ほとんどの履歴書やESで必要になります。

大学生協や写真店などきちんとしたところで撮ってもらい、多めに現像してもらいましょう。

足りなくなる場合も考慮し、データも一緒にもらっておくと安心です。

必需品

揃えておきたいもの

 
【洗濯が要るものの予備】
 
シャツや靴下、ストッキングなどの予備を早めに用意しておきましょう。

スケジュールが詰まってくると洗濯が追いつかず、着ていくシャツがない!なんてことになりかねません。

あらかじめ多めに揃えておきましょう。
 
靴下やストッキングは破れることも考えて持ち歩いた方がいいかもしれません。
 
 
【ハンカチ・ティッシュ】
 
社会人のマナーとして持ち歩いていると好ましいものです。
 
キャラクターのハンカチや路上でもらったティッシュではなく、採用担当者に見られても恥ずかしくないようなビジネスライクなものを準備しておきましょう。

布製のハンカチはアイロンがけをしておくことも必須です。
 

【印鑑】
 
履歴書やESで押印欄があることもありますし、交通費の申請等で必要になるときもあります。

ビジネスではシャチハタは不可とされていることも多いので、印鑑と朱肉をセットで1つ持ち歩けるように準備しておきましょう。
 

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ