就活マナー

女子必見!人事の印象に残る好感度アップメイクとは?

女子必見!人事の印象に残る好感度アップメイクとは?

就活を始めようという女性にとって、意外と気になるのがメイクです。
普段と一緒で大丈夫?メイク初心者なのでよくわからない……など、たくさん不安はあると思います。
今回は就活におすすめのメイク法をご紹介します。

自然な肌で清潔感をアピール

まず初めに気をつけたいのがベースメイクです。
一日に何社も訪問していると、夕方にはメイクが崩れて、汚くなりがちです。
そうなると、清潔感がダウンするほか、疲れていて覇気がない印象を与えてしまいます。
そのために、メイクの際にはよれにくい下地をしっかりと塗りましょう。
ファンデーションはパウダー、リキッド、クリームなど、何でも構いませんが、ポイントとしては自分の肌に合った色を選ぶことです。
美白に憧れるからと言って、あまりにも明るいトーンを選んでしまうと、首と顔とで色が異なってしまい、不自然に見えます。
ファンデーションの後は、フェイスパウダーを使い、さらさら感を出しましょう。
そうすることで崩れにくくもなりますし、皮脂によってテカテカすることもなくなります。
この際、ラメなどが強く、艶感の出るものを使うよりも、マットな質感のものにした方が、落ち着いた印象になります。

自然な肌で清潔感をアピール

眉メイクを制する者は就活を制す

顔の印象を意外と左右するのが眉です。
なので、眉の手入れを定期的にしておくことが大切です。
その際、あまり抜いたり剃ったりしすぎると、年上の方には印象が良くありません。
あくまでも自然に生えているように見える程度に留めておくことをおすすめします。
また、眉が足りない部分には、ペンシルやパウダーできちんと書き足すことが大事です。
ここでポイントなのですが、就活の際に黒髪にしているからと言って、黒で書くことばかりが正解ではありません。
濃い色で眉を書くと、しっかりした印象を与え、意志の強い、しっかりとした女性に見えます。
これは、公務員などお堅い仕事を志望しているかたにはぴったりです。
しかし、接客業など、お客様に優しく接することのできる人を探している企業では、こげ茶~茶色の眉を書くことをおすすめします。
なぜなら、そのような色の眉は、柔らかい印象を与えるからです。
自分の受けたい企業によって、色を変えてみてください。

眉メイクを制する者は就活を制す

人事を射抜くパッチリアイメイク

日常においてメイクの要となるのがアイメイクです。
それは就活メイクでも同じことです。
就活におけるアイメイクで大切なのが、ずばり「引き算」です。
就活メイク=薄いという固定観念があるかもしれませんが、本当は「引くところは引く、足すところは足す」というのが正しいです。
ただナチュラルメイクにしてしまうと、血色感のない、不健康な顔に見えてしまうことがあるか

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ