就活マナー

失敗しないように就活で着るスーツの違いを覚えておこう

失敗しないように就活で着るスーツの違いを覚えておこう

就職活動を行っていると多くの場合リクルートスーツを指定されます。
スーツ着用を禁止しているような場合でなければ指定がなくても着て行くのは常識であり、就活生の戦闘服と言い換えても良いでしょう。
しかし、スーツには様々な種類があり、不慣れな学生はどれを買えば良いのか分からないと戸惑うこともあります。
では、どのような違いがあるのでしょうか?

リクルートスーツはどんなもの?

スーツにも色々と種類がありますが、リクルートスーツはその中の一つと考えて良いでしょう。
紺や黒の地味な色合いのものが多く、柄は無地であるのが特徴です。
着る対象が学生ということもあって比較的安価なものが多く、学生でも普段着を買うように購
入出来るメリットがあります。
しかし、価格が安い分生地もいつまでも着られるような頑丈なものではなく、耐久力の低いものが用いられているのが普通です。
就活の時期は大体1年間で、洗濯機で洗えるタイプのもの、通年通して着られるようにUVカットや通気性を良くしたものなどがあり、クリーニング代のコストカットや季節に応じて買い直さなければならないという出費を抑えるように出来ています。

ビジネススーツとリクルートスーツの違いは?

リクルートスーツに似たものにビジネススーツがありますが、これは就職活動が目的なのではなく仕事をするための服ですので、デザイン性があります。
例えばストライプの柄が入っていたり、色も紺や黒ではなくブルーやグレーといった色合いもありますし、明るいグレーもOKです。
もちろん会社が色を指定する場合はNGになりますが、そうでなければ常識さえ守れば特にスーツの色にこだわる必要はありません。
それに長い間着ることを目的に作られているので、生地も丈夫なものが多く購入する時は価格も高くなりますが、長持ちするので結果的にはコスパが良いという事になります。
自分の着たい色や柄を選べるのが大きな利点です。
今は先を見越してビジネススーツを着て就活をする人もいるため、明確な線引が曖昧になっていますが、それでも無地のもので色が黒か紺であるというのは変わりません。

サイズはちゃんと自分の体に合ったものを選んで

就職をした後でもスーツは必要なので、どちらを用意しておくかはどれくらいお金を使えるかをよく考えて購入すると良いでしょう。
また、購入する時は自分の体にきちんとフィットするものを選ばないとだらしなく見えてしまいます。
サイズも窮屈そうでもぶかぶかでもなく、人から見てもきちんと合っている状態で、裾もきちんと自分の体に合うように調整をしましょう。
就活で重要なのは清潔感ですから、どれほど良いスーツを着ていても清潔感がないように見えてしまっては意味がありません。
スーツ選びはきちんと行いましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ