通過ES実例

【選考通過ES実例】三井物産 インターン

◆世の中にあるものやサービスを繋いで新たな価値を生み出し、日本の人々の衣・食・住のいずれかを 豊かにするアイデアを説明して下さい。 (800 文字以内)

私の考えるアイデアは、農業衰退の過程で増加中にある休耕地を、大規模に所有し、地元農家と提携することにより農業法人を設立し、日本の農作物の安定供給、ひいては日本の「食」を将来的に豊かにするものである。また、個人農家との提携は、農家らの生活の安定、すなわち、「住」を豊かにできる。
日本では、高齢化のために現在の農業就業者の減少傾向にある一方で、新卒者にはその零細な経営から農業は嫌われ、将来的に農業人口の増加は見込めず、衰退が予測されている。その反面、日本の食料自給率は世界的に見ても低い水準であり、その向上には少なからぬニーズは存在している。この農業従事者が減少傾向にある中で農業を発展させるためには、効率化を図る以外に方法はない。日本には、農業従事者は少ない状況であっても、多く活用可能で存在する休耕地があるので、それらを個々に利用するのではなく、大規模に休耕地をまとめて管理できれば大規模化は有

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ