選考情報・体験談

製薬【武田薬品工業】15卒①

【選考方法】
ES→一次面接→二次面接→最終面接

一次面接

【選考手法】集団面接 
■人数 学生4:面接官3
■時間 30分
■内容
自己紹介→学生時代に打ち込んだエピソードを1分間でスピーチ(面接官がタイムウォッチで測っている。時間になっても無理に止められることはない。)
ほかの3人の学生から一つずつ質問を受け、それに答える内容。例えば私は留学先で討論会を企画した話を発表したが、「それを行ってみて何か反響はあったか」「どんなところに一番苦労したか」などの質問を受けた。
■備考
集団面接では時間通りに話をまとめ伝えられるか、他の学生の話を聞く態度、順番を決める積極性などがみられていると思いました。
選考実施時期6月3日
結果連絡時期3日後くらい

二次面接

【選考手法】個人面接
■時間 30分
■内容
自己紹介→ESに沿った質問
なぜ製薬業界を選んだか。その中でもなぜ武田なのか、ということを聞かれる。
■備考
MRという仕事に対してきちんと理解しているかということと、学生時代に打ち込んだエピソードをかなり細かく深堀される。聞かれることは主にこの2点。
他社のMRの方でもいいのでとにかくOB訪問をしてから面接に臨むことを薦める。
選考実施時期6月9日
結果連絡時期三日後

最終面接

【選考手法】個人面接
■時間 30分
■内容
自己紹介→ESに沿った質問
MRはどのような役割があると思うか、という鋭い質問を投げかけられる。
仕事に対する理解が必要。事前にネットやOB訪問等で見識を深めること。
■備考
二次と同様、MRに対する理解、学生時代のエピソードについてこと細かく聞かれる。
本番で焦らないように学生時代のエピソードを今一度掘り下げてあらゆる質問に答えられるようにしておくことを薦める。
選考実施時期6月16日
結果連絡時期当日

【選考全体所感・アドバイス】

全体を通して、MRという特殊な仕事について理解しているか、学生時代に打ち込んだことは何かについて聞かれているのでその二つの対策をきちんとこなせば問題ない。
また、武田はOB訪問を受け付けていないので知り合いなどのつてを当たらなければ社員さんに話を伺えないのが難点。説明会やインターン等で企業との接点を掴むべきだと感じた。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ