選考情報・体験談

不動産【三菱UFJ不動産販売】15卒

【選考方法】
ES→1次面接→2次面接→座談会→3次面接→最終面談→内定

1次面接

【人数】学生3:社員1
【時間】ひとりあたり10分
【内容】
自己紹介→ESに沿って面接
・ゼミは何を学習しているの?
・東京オリンピックはどういう目的があると思う?(ゼミと絡めて)
・サークルは?
社員の方の印象がとてもよく、愛想がよかったです。ひとりひとり、ESに書かれた内容に従って質問を変えていました。特にESはとても字数が多く設定されていたので、ESの内容を簡潔にしゃべることを意識するとよいとおもいます。本当の面接はESの内容を話した次の質問から始まると思っておいてよいです。そこから割と唐突な質問に飛ぶので、そこで冷静に対応できたかどうかが、面接のキーポイントだったとおもいます。
【備考】
結果連絡 即日
時期  3月上旬

2次面接・3次面接

【人数】1:1
【時間】30分
【内容】
自己紹介→ESに沿って面接
・なぜうちなのか?
・学生時代頑張ったこと
・不動産業界でなぜうち?
2次、3次面接ではそれぞれ人事の採用担当者の方とお話します。2次も3次も聞かれた内容はほぼ一緒でした。特に突っ込んで聞いてくると感じたのは不動産業界の中でなぜ不動産流通か、なぜ不動産流通業界の中で三菱UFJ不動産販売か、という点でした。
【備考】
結果連絡 即日
時期   3月中旬~4月初旬
3次面接が実質最終のようです。

最終面接

【人数】1:1
【時間】15分
【内容】
面接の振り返りと志望動機だけサラッとする。内々定通知書受諾。今後の流れの説明。
人事部長の方と面談のようなものを行いました。事前に内々定をいただけることは知らされており、当日は人となりを見られて、面接のフィードバックをいただきました。いついつまでに正式な内々定を受諾するかの答えがほしいなど、現実的な要望や質問が面談では中心的な話題でした。
【備考】
結果連絡 なし
時期   4月中旬

【感想】
 暖かい雰囲気の会社でした。面接の案内から面接中までとにかく不動産業界なのかどうか疑うほどやさしい対応でした。全員が雰囲気を統一して、丁寧に顧客に接していることを誇りにしているとおっしゃっていたので、誠実さをアピールできれば、評価は高くなると思います。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ