/category/report/post-53321/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 81SCORE

就活における証明写真の重要性

就活における証明写真の重要性

就活を始めるにあたって、まずやらなければならいのが履歴書の記入ですよね。
履歴書は就職を希望する企業に自己アピールをする大切な場面の1つですから、できるだけうまく活用することが就活の成功につながります。
ただ、履歴書になぜ証明写真を張り付けなければならないのか?と疑問を持った人も少なくないのではないのでしょうか。
写真を張り付けるということは人を外見で判断しているのではないか?と感じた事がある人も、もしかしたらいるかもしれません。
では、なぜ履歴書に写真を張らなければならないのでしょうか。

履歴書に証明写真が必要な理由

履歴書に証明書を張り付ける理由の1つとして、本人確認の意味合いがあります。
もし履歴書に本人の顔写真がなければ本人確認が困難になるので、もし替え玉を使われたとしても分からないという可能性があります。
もし面接を受けた人が別人だった場合は会社としては大きな損失につながるので写真が必要になるのです。
また、最近の就活は一度の面接だけでなく何度も何度も面接を行って人材を見極めていくことが多いので、顔写真があると人物が記憶に残りやすく、どのような人物であったか思い出しやすいという面もあります。
そして、写真から受けるイメージも選考の一部として使われることもあります。
よく「その人がどういう人間なのかは顔つきに表れる」といわれますが、根性がありそうな顔つきであったり、周りに安心感を顔つきであったりといった人は良いイメージを持たれるので有利になることがあります。

証明写真の撮影で気を付けたいこと

一般企業の就活のために履歴

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ