選考情報・体験談

情報・通信【ソフトバンク】15卒③

情報・通信【ソフトバンク】15卒③

【選考方法】
ES→テストセンター→グループディスカッション→面接2回→内定

1次選考

【グループ面接】
■人数 面接官:学生=1:4
■時間 15分
■内容
最初に自己紹介をした後グループディスカッション。
雰囲気は和やかで、社員からはありのままの自分を出して欲しいと言われた。
与えられたテーマに対して賛成か反対かを議論する。
その時のテーマは「高速道路の無料化」について。
議論をした後、それぞれの学生が自分の意見を1分程度で発表。
グループで一つの結論を出す必要がないことが特徴的だった。
自分の意見をしっかり言えるかといった主体性を見られていたと思う。
ディスカッション終了後、逆質問の時間があった。
■備考
結果連絡 翌日(メール)
面接時期 5/9

2次選考

【個人面接】
■人数 面接官:学生=1:1
■時間 15分
■内容
現場の社員(30代くらい)と個人面接。
面接官はipadで面接内容をメモ。
まず自己紹介と学生時代に力を入れたことを聞かれ、
・志望動機
・ソフトバンクで成し遂げたいこと
・他社との違い、なぜ競合会社ではなくソフトバンクがいいか
最後に逆質問。
■雰囲気
全体的に淡々と進んでいった印象。時間が短いため、簡潔に話すことが求められる。
■備考
結果連絡 三日後(メール)
面接時期 5/16

最終選考

【個人面接】

■人数 面接官:学生=1:1
■時間 45分
■内容
自己紹介、志望理由など前回と聞かれることはほぼ変わらないが、
回答に対して深く突っ込まれる場面もあった。
面接は20分程度で終わってしまい、その後10分ほど逆質問。
■雰囲気
和やかな雰囲気はなく、面接官の反応も全体的に薄かった。
それに加えて、予定より早く面接が終わったこと、
最後に「何か言い残したことはありませんか」と聞かれたことに不安を感じたのを覚えている。
■備考
結果連絡 6日後(電話)
面接時期 5/28

総括

内定後、選考について社員からは受け答えがスマートだったことを評価された。
これは会社がとにかく「スピード」を重視するためだろうか。
また、説明会に参加しなかったため、
企業HPや選考途中に行われた社員面談の機会を活用して、企業研究に力を入れた。
そのおかげで他社との違い、
入社後のキャリアプランなどもしっかりと伝えることができたのもよかったと思える。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ