選考情報・体験談

人材【パソナキャリアカンパニー】15卒

人材【パソナキャリアカンパニー】15卒

【選考方法】

説明会兼筆記試験⇒2次個人面接⇒3次個人面接⇒4次社長面接⇒(ES提出)5次代表面接、適正検査、小論文⇒6次集団面接⇒7次最終面接⇒内定

説明会兼筆記試験

【人数】社員:学生=2:30 
【時間】3時間
【形式】説明会、TOPセミナー⇒筆記試験(希望者のみ)
【内容】
■説明会、セミナー
・企業説明:事業内容、グループ全体像、キャリアパス
・セミナー:成功者哲学、Q&A
■筆記試験
・国語・・・四字熟語や敬語などビジネスマナー等
・数学・・・文章題、中学受験に出るような内容
・英語・・・会社に関連した内容の文章題
【備考】
・結果連絡 3日後
・時期 1月
【感想】
社員のためを思っている企業だと感じた。リスクをカバーするような事業構造で、どのような時代でもやっていける仕組みを作っている。周囲の学生は
⇒企業研究の必要性、自分が企業を決める軸を定めることが大切

2次面接

【人数】社員(人事):学生=1:1
【時間】45分
【形式】面接 
【内容】
カフェで行う。学生時代力を入れたこと→ESに沿って面接官から質問 ほとんど雑談
アルバイト、学生時代にやってきたこと、志望理由
【備考】
・結果連絡 4日後
・時期 4月
【感想】
面接官と似たような思考をもっていることが分かり、会話が弾み楽しかった。逆に質問する余裕もあった。

3次面接

【人数】社員(人事):学生=1:1
【時間】45分
【形式】面接 
【内容】
カフェで面接。
長所、短所、3年後、5年後の自分。
【備考】
・結果連絡 1日後
・時期 4月
【感想】
ロジカルな思考が足りてないことが分かり、発揮できていないことに気が付いた。学生視点だけでなく、企業視点を考える必要性を感じた。

4次面接

【人数】社長:学生=1:8
【時間】60分
【形式】集団面接
【内容】
・社会の問題点は何か?
・幸せとはなにか?
・社長への質問は?
【備考】
・結果連絡 1日後
・時期 4月
【感想】
メモを取りながら、順番に話をする。グループの理念である「社会の問題点を解決する」ことに関して問題意識を持っているかを試されている気がした。

5次選考 代表面接→適性検査、小論文

【人数】社員(代表、専務):学生=2:20
【時間】6時間
【形式】20秒面接→適性検査→小論文 
【内容】
■20秒代表面接
・自分を漢字一言で表すとしたら?
■適性検査
・性格診断
■小論文
・3年後の自分?
【備考】
・結果連絡 4日後
・時期 4月
【感想】
姿勢や態度、声のトーンなどほんの数秒で人の印象は決まるということが分かった。

6次面接

【人数】社員(専務、部長):学生=2:5
【時間】60分
【形式】集団面接 
【内容】
自己PR学生時代に何をしてきたか、5後の自分、リーダーシップをとった経験。
【備考】
・結果連絡 当日
・時期 5月
【感想】
適性検査の結果と絡めて性格を質問された。素の自分を出すことが求められる。

最終面接

【人数】社長:学生=1:1
【時間】20分
【形式】面接 
【内容】
質問したいことはなにかあるかと問われる。
【備考】
・結果連絡 当日
・時期 5月
【感想】
ほとんど意思確認。その場で内々定承諾書をもらう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ