ESの書き方

【最難問!?】近年増加中の“白紙にあなたを自由に表現してください”の攻略法

【最難問!?】近年増加中の“白紙にあなたを自由に表現してください”の攻略法

みなさん、こんにちは!
学生ライターのりんです!
 
ESを書く中で、最も頭を悩ませる・時間を要する設問が、
 
「白紙にあなたを自由に表現してください」
 
なのではないでしょうか?
 
私も昨年度の就活で、この手の自由記述式のESを何枚か書きましたが、毎回頭を悩ませていました・・・!
 
普通の文章式のESが、どんなことを伝えるか、を考えれば良いのに加えて、
自由記述式のESでは、どんな風に伝えるかも考えなくてはいけないので当然時間や労力がかかってきますよね。
 
この難問ESを書くにあたってのコツを伝授したいと思います!

難問ES、なぜ増える!?

難問ES、なぜ増える!?

「白紙に自由に自己PR」の他にも、
  
「100万円があったら何に使いますか?」
「自分にキャッチコピーを付けてください」
  
など、発想力を問われるような設問が見られますが、
なぜこのように難しいESが増えているのでしょう?
  
それは、リクナビ・マイナビなどのナビサイトを利用して簡単にエントリーが出来るようになったことによって、企業側は大量のエントリーシートを読むことになったからです。
  
この手の難問ESは、手間暇がかかるので、志望度の低い学生は
「面倒だからES出すの辞めよう・・・」となるでしょう。
そんな志望度の低い学生をふるいにかける目的もあるのではないでしょうか。

コツはたったの3つだけ

私が今回お伝えするコツは以下の3つです!
 
①何を伝えるか“絞る”
②ES(文章部分)との“関連性”を持たせる
③“文字だけ”で表現しない
 
当たり前といえば、当たり前になってしまうのですが、
基本を押さえておけば、その分通過率もグッと上がるはずです!

①何を伝えるか絞る

①何を伝えるか絞る

A4用紙1枚など、大きなアピールスペースをもらうと、
文章部分では伝えられなかったことを沢山盛り込もうとしてしまいがちですが、
  
こちらは、“量”ではなく、“質・インパクト”で勝負するスペースです。
  
あれもこれもと詰め込むのではなく、
何を伝えるかを考えましょう!

②ES(文章部分)との関連性を持たせる

②ES(文章部分)との関連性を持たせる

ES(文章部分)との関連性がなぜ重要なのかというと、
一貫性を持たせることによって、ES自体の信憑性が高くなるからです。
  
例えば、
文章部分では、チャレンジ精神や好奇心旺盛をアピールし、自ら何かに挑戦し、成し遂げた経験を書いたとします。
自由記述部分では、その他にも色んなことにチャレンジしたことが分かるようなエピソードや写真を載せると、
  
「この人は本当に好奇心を持って色んなことに取り組んだんだな」
「その中でも、文章部分に書いたようにきちんと結果を出せる人なんだな」
  
と1つのESとしてのまとまりが生まれ、ES全体の信憑性があがります。
  
文章部分も自由記述欄も同じエピソードにする必要はありませんが、
あれもこれもと違うアピールを詰め込むのではなく、
「一貫してこういう人物です」と分かるようにしましょう!

③文字だけで表現しない

③文字だけで表現しない

この手のESで絶対にやってはいけないことが、
「普通

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ