ESの書き方

【受かるES】たった2つのコツで二度とESが落ちなくなる話

【受かるES】たった2つのコツで二度とESが落ちなくなる話

 
こんにちは、学生ライターのウーパールーパーです。
 
就活における最初の関門は何と言ってもエントリーシートですよね。
エントリーシートが通過できなければ、そもそも面接を受ける権利すら貰えません。就活はそのような厳しさがあります。
 
そこで今回は、「ESを通過させるためのテクニック」をご紹介したいと思います。
 

コツさえ知れば、ESは落ちない。

 
まず、これをしっかりと認識して下さい。
 
 
 
『エントリーシートは、コツさえ掴めば絶対に落ちることはありません。』
 
 
 
絶対に、です。仮に今回ご紹介するコツをしっかり反映したESを書けたならば、絶対に落ちないことを保証します。
(それで落ちたら、ESの内容とは別の理由で落ちたと考えて間違いないかと思います。)
 
 
 
エントリーシートは、ジェットコースター等でよく見る「身長制限」に似ています。
 
 
あれは、「ジェットコースターに乗れないような小さな子供」に対してなされるものですよね。
 
 
就活におけるエントリーシートも同じです。
 
 
「選考に進めないようなレベルの学生」を落とすために、ESは存在するのです。
 
 
つまり、「誰を通過させるか」ではなく「誰を通過させないか」を考えてESは見られているということをしっかり覚えておいて下さい。
 
 

知っておくべき2つの常識

 
 
 
 
就活における『エントリーシート』に関しては、知っておくべき2つの常識があります。
 
 
 
一つ目は、『学歴フィルターは、間違いなく存在する』ということ
 
 
 
二つ目は、『面接官が1人のESにかける時間は1分にも満たない』ということ
 
 
 
この2つです。
 
 
まず1つ目。面接官が自分のESを見てくれる1分にも満たないほど短いです。
 
この理由は考えてみれば分かります。ESを見る人事の数は限られており、毎年果てしない数のESが学生から送られてきます。人事談では、「パッと見て良さそうかだけで判断している」という人も少なくないそうです。
 
学生は自分のESに膨大な時間をかけて練り上げますが、それを見る面接官は初見であり、かつチラっとしか見てくれないということはしっかり覚えておいた方が良いでしょう。

次に2つ目。文字通り「学歴フィルター」なるものは存在します。
 
とある企業の人事の方が仰っていました。「学歴っていうのは、就活において最も分かりやすい”努力の証”なんだよね。むしろ学歴を全く気にしないで「誰でも来て下さい」って言うのは、努力して有名大学に入った人達に失礼だし。実際さ、学歴が高くなればなるほど優秀な人材が多いっていうのは過去のデータから

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ