就活特集記事

  • お気に入り
  • 101SCORE

【今!若手社長の勢いが凄い!】上場企業の20代・30代社長5選&キニナルあの人2選!

【今!若手社長の勢いが凄い!】上場企業の20代・30代社長5選&キニナルあの人2選!

こんにちは!とっきーです!
 
皆さん、就活をして会社に入社して働くこともいいけど、「やっぱり、社長になりたい!」
と思ったことはありませんか?
 
世の中には様々な経緯をたどって社長になった人達がいます。
もちろん起業をしてきた人も多いですが、最初から社長になりたかった人ばかりではありません!
 
就職先でキャリアを積んで、昇進を重ねていき、
ひょっとしたら10年後、社長になっているのはあなたかもしれませんよ?
 

今回は上場企業の20代・30代社長を5人選出しました!

【村上太一さん(31)】

株式会社リブセンス代表取締役社長
 
早稲田大学在学中にビジネスプランコンテストで優勝し、大学一年の2月に起業をしたという村上太一さん!
リブセンスといえばアルバイト求人サイト“ジョブセンス”や不動産サイト“DOOR賃貸”、転職口コミサイト“転職会議”で有名ですね。若くして成功を収めたことで知られる社長の村上さんですが、実は最年少上場記録を更新したことでも有名です。

2006年4月からアルバイト情報を掲載するウェブサイト 『ジョブセンス』を開設しました。
当時、大学1年生だった村上さん。ジョブセンスを開設しようと思ったきっかけは自身がアルバイトを探す際に、なかなかいい案件が見つからなかった体験が元になっているようです。
ジョブセンス開設後、掲載料を無料にするなど工夫し、なんと2年目には事業を黒字化させたようです。そして2011年12月7日に上場を果たしました!これは現在でも最年少上場記録で、とても凄いことです!
 

~リブセンスの事業内容~
主に求人・不動産の領域においてインターネットメディアを運営しています。
 
画像引用:http://www.procommit.co.jp/interview/livesense/000170.shtml

【村上太一さん(31)】

【岡村陽久さん(37)】

株式会社アドウェイズ代表取締役社長CEO
 
松下幸之助の生き方に感銘を受けて、たった2ヶ月で高校を中退した岡村陽久さん。
ユニークな経歴を持つ岡村さんですが、どのような経緯を辿り、成功を掴むことができたのか少し紹介してみたいと思います。
村下さんは2ヶ月で高校を中退したそうです。その後わずか16歳で営業マンとして社会人デビューし、飛び込み営業をする中でチャンスを掴みました。
飛び込み営業を続ける岡村さんに転機が訪れたのは20歳。
そのころ、上場していたサイバーエージェントの藤田社長に感化され起業しました。
この選択が大きく運命を変えたといっても過言ではないでしょう。
しかし、こんな大胆な選択は普通の人では怖くて絶対できません。
16歳から高校を中退して飛び込み営業をしていたことからも、普通の人では考えられないくらいの気持ちの強さがあってこそだと思います。
そして現在ではなんと、全国二位の成績を収めるトップセールスマンに!!やはり天才は考えることが違うっていうやつですね!
2001年に広告代理店アドウェイズエージェンシーを立ち上げ、2006年に26歳で上場。
この記録はリブセンスの村上太一さんに抜かれるまで、最年少上場記録でした!
  
 
~株式会社アドウェイズの事業内容~
アフィリエイト・サービス・プロバイダとしての側面を生かしたインターネット広告代理業を行っています。
 
画像引用:http://www.kenja.tv/detail_8258.html

【岡村陽久さん(37)】

【内藤裕紀さん(39)】

株式会社ドリコム代表取締役
次に紹介するのは株式会社ドリコムの内藤さん。若くして成功を収めた内藤さんですが、実は大学に入学する前からビジネスに興味を持っていたようです。
朝日新聞で報道される新商品・サービスの話から“世の中にインパクトを与えるサービスを作りたい”と考えていたそうです。
開発者ではなく、起業家を目指したのは一人でできることには限界があるといった考え方からでした。
サービスを開発する仕組みを作るためにはまず、会社を設立する必要があると考え、大学在学中の1年生の頃、決断に至りました。そして、起業したのは2001年。バイト代と奨学金を全部つぎ込んでブログシステムの開発を手がける“ドリコム”を設立したそうです。
その後、業績を大きく伸ばし、2006年に東証マザーズ上場を果たしました。大胆じゃないと大きな成功は掴めないのかもしれません。
 
 
~株式会社ドリコムの事業内容~
モバイル/PC 向けのエンタメコンテンツの企画・提供やマーケティングソリューションの開発・提供を行っています。
 
画像引用:http://thebigparade.jp/lineup/session/naito.php

【内藤裕紀さん(39)】
【佐藤 健太郎さん(37)】

GMOペパボ株式会社代表取締役社長
 
なぜかクワガタの被り物をしてUstreamに登場する社長として知られる佐藤 健太郎さん(笑)
女性や学生にホームページ作りを楽しんでもらいたいという思いからレンタルサーバーの運営を開始したのは大学生の頃。この頃からビジネスを始めていたそうですが、佐藤さんに転機が訪れたのは合資会社マダメ企画を経営していた家入一真さんに出会ったことからでした。佐藤さんと家入さんは掲示板を通じて出会い、交流を深めていったそうです。
そして家入さんの事業を受け継ぐ、GMOペパボの前身である有限会社paperboy&co.を家入さんが立ち上げた際に、声を掛けられ、大学卒業を機に入社しました!。
そして2009年3月25日、家入さんの退任により、佐藤健太郎さんが代表取締役社長に就任しました!
とても気さくで、社内では「ケンタロさん」と呼ばれ、「社長」と呼ばれることはあまり無いんだとか。
 
 
~GMOペパボ株式会社の事業内容~
レンタルサーバーのロリポップ!やブログサービスのJUGEMなどのインターネット関連のサービスを提供しています。
 
画像引用:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/04/news088.html

【佐藤 健太郎さん(37)】
~キニナルあの人①補足~ 【家入一真さん(39)】

paperboy&co.創業者
 
元引きこもりから社長になった若い起業家!
デザイン会社に入社後、在職中にウェブサイトのデザインに興味を持ち、コンピュータのシステム会社に転職し技術を習得した家入さん。
その後、株式会社paperboy&co.(現在GMOペパボ株式会社)を創業、2003年に、まだ日本にはなかった格安レンタルサーバー「ロリポップサーバー」を作り、2008年にジャスダック市場へ最年少で上場を果たしました!
しかしその3ヶ月後には退任。株式会社ハイパーインターネッツ取締役、BASE株式会社共同創業取締役、partycompany Inc.代表取締役、partyfactory Inc.代表取締役、モノづくり集団Livertyの代表など、さまざまな業種のベンチャー企業に参画している連続起業家として活躍中!
 

画像引用:http://eikaiwa.dmm.com/blog/interview/ieiri_kazuma/

~キニナルあの人①補足~ 【家入一真さん(39)】
【森田仁基さん(41)】

株式会社ミクシィ代表取締役社長
  
2013年に株式会社ミクシィの社長に若干30歳で社長に抜擢された朝倉祐介さんが1年で交代し、いまや売上の半分以上を稼ぐモンストを手がけた森田仁基さんが社長に就任したというニュースは話題になりましたね!
森田さんはこれまで、ミクシィ事業本部長としてSNS「mixi」の事業責任者を務めるとともに、エグゼクティブプロデューサーとして、ミクシィではスマートフォン向けゲームで初のヒット作である「モンスターストライク(モンスト)」などネイティブアプリの創出と事業拡大を統括してきた人です!
中央大学を卒業し、ネットビレッジ(現在はfonfan)で活躍後、株式会社ミクシィに入社。
その後、サイバーエージェントとミクシィの合併会社、株式会社グレンジの副社長に任命され、
スマホ向けアプリ開発に従事してきました。
 
 
~株式会社ミクシィの事業内容~
日本国内のSNS、mixiを運営する企業。最近ではモンスターストライク(モンスト)というスマホアプリゲームをヒットさせた。インターネットにおける求人広告事業とメディア事業の二つを行っている。
 
画像引用:http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140701/267892/

【森田仁基さん(41)】
~キニナルあの人②補足~ 【朝倉祐介さん(36)】

2013年6月に株式会社ミクシィCEOに就任し、立て直しを図った人物。
一年で、株式会社ミクシィCEOを退任し、顧問になりました。
この方の経歴は面白いです!
小学生の頃から競馬騎手に憧れて、中学卒業後にオーストラリアの競馬騎手養成学校に留学をします。しかし1年で背が伸びすぎてしまい、体重制限のため騎手の夢を諦めざるを得なくなりました。帰国後、北海道浦河町で調教助手となったのですが、バイク事故に遭い競馬 の道を断念してしまいます。
そののち大学受験資格を取得できる専門学校に通い、20歳で東京大学に入学。
2007年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、2010年には学生時代に立ち上げたネイキッドテクノロジー社に戻り、CEOに就任します。2011年、同社をミクシィに売却したことによって、ミクシィに入社。事業開発などを担当して、2012年、執行役員経営企画室長に就任し、最終的にはCEOに!
 
画像引用:http://toyokeizai.net/articles/-/14141

~キニナルあの人②補足~ 【朝倉祐介さん(36)】
【まとめ】

現在社長である人達は、様々な経緯を経てその地位についています。様々な経緯を経て成功を掴んでいることは違いないですが、一つ共通していえることとしてはブレない心・大胆さを兼ね備えた緻密さなのではないでしょうか。
 
自ら起業して会社を上場させた人、世襲して社長になった人、スキル・ランクアップして上場企業社長にまで上り詰めた人、いろいろです!
 
ただでさえそれを成し遂げるのは並大抵の事ではないのに、それを若くしてやってのけてしまうこの方々たちは本当に凄いですね!!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ