就活特集記事

  • お気に入り
  • 1SCORE

【制度悪用?!】「就職浪人」より「就職留年」が有利になる現状・・・!

【制度悪用?!】「就職浪人」より「就職留年」が有利になる現状・・・!

 
こんにちは!とっきーです。

みなさん「就職浪人」と「就職留年」に差が出る事実を知っていますか?
全ての企業には当てはまりませんが、こういった現状があるようです。
 
 
大学を卒業してから就職活動を続ける「就職浪人」
大学を留年して「新卒」の枠を狙って就職活動をする「就職留年」
 
どちらも大差はないのに、なぜこんな複雑なことになっているのでしょうか?
その理由について調べてみました!
 
画像引用:http://ameblo.jp/shinichi-itou/entry-11454644528.html

【あくまでも新卒にこだわる企業】

 
日本は「新卒至上主義」です。
みなさんも知っての通り、多くの企業は新卒枠がほとんどなので、
新卒採用が最も有利に働きます。
ではなぜ企業は「新卒」を好むのでしょうか?
 
~新卒が好まれる理由~
 
① 世の中は、年功序列から成果主義に変わりつつありますが、
現実には、年功序列を維持している企業がまだまだ多いといわれます。
年功序列を採用している企業の場合、基準となるのは、勤続年数です。
新卒であれば、同じ時期から仕事を始めるため、人事評価をしやすくなるメリットがあるのです。
 
②入社時期が同じであるため、一斉に教育を始められるということも大きな理由です。また、新卒はまだ何も知らない真っ白な状態です。
余計な知識や経験がない分、業務を教えていく際に効率がよいというメリットもあります。
 
上記2点の理由から、新卒採用を重視する企業がほとんどであるよう

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ