内定が取れないときのリスクが高い
企業の内定式は、毎年、4年生の10月に行われます。実は、このスケジュールは以前と変わりません。ということは、内定式を行うような大企業は、6月から一気に選考をはじめ、4カ月後の内定式までの間に、すべての内定を出していくということ。
もし、このタイミングで就活に失敗してしまうと、その学生は、「大企業」という手持ちのカードをすべて失ってしまうわけです。
6月の大手企業で全滅した場合は、もうやり直しがきかない……そんなことになる可能性もあるのです。

ほかの企業にも間に合わない

大手企業の就活に失敗した場合、以前なら、中小企業を検討することもできました。大手企業の採用試験が終わった後でも、中小企業の採用試験が行われていたからです。
ところが、大企業の採用試験が後ろにずれたことで、多くの中小企業は、6月より前に選考を開始するようになっています。大企業より早いタイミングで採用試験を行うこ

新規会員登録はこちら
ページトップ