就活特集記事

  • お気に入り
  • 1SCORE

【就活女子】就活で使える!第一印象アップの必勝メイク!!

就活はお金がかかります…(泣)スーツもできれば2着欲しいし、パンプスはどんどん擦り減っていくばかり…。え?ヒールって直せたの…!?なんて…。シューカツってお金かかるよ、なんていっちょまえに後輩にぼやいてみたり…。手痛い出費は抑えたいですね。

そんな中でも、結構削りがちな「チーク」「リップ」「その他+α」。
え?それ必要?なんて言わずに、
おすすめは?意外と聞けない、でも気になる!を色々ヒアリングして参りました!

メイクって何でするんだっけ?

そもそもメイクの役割を考えてみましょう。ビジネスマナー、印象を良くするため、などの意見が出てきますね。
印象を良くするって、どういうことでしょうか。
「清潔感あり、健康的であること」が重要ですね。
そのためには血色良く見せることは極めて重要です。

血色良くする…ちなみにどうすればいいの?

まず基本は「不健康要素を排除し、より健康にみせる」、なので
不健康に見える要因は何か?を最初に考えましょう。

1.クマが目立つ
目の下が暗くくぼんで見えてしまう、などクマが気になる方
→「コンシーラー」という強い味方が!

2.全体的に血色が悪い
肌色が青っぽい、など、血色が全体的に悪いなと感じる方
→化粧下地(コントロールカラー)を活用して!ベースカラーを変えてみる選択。

1.クマが目立つ人への必殺レスキュー!

クマが気になる…!という女性は最近増えてきています。
印象重視の就活でも、クマは消せるものならやっぱり消したい…!
そんなあなたに朗報が。「コンシーラー」というのが世の中にはあるのです。

スティックタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ…用途に合わせて種類も豊富にあります。

【クマには2タイプ】
青いクマ…血行が良くない人に出来やすい
オレンジ系(少し赤みがかった)の、実際の肌よりワントーン明るい色を選びましょう。

茶色クマ…洗顔時にゴシゴシこすってしまうなどして色素が沈着している人はこちら
イエロー系の、実際の肌よりワントーン明るい色を選びましょう。

是非自分の肌に合ったものを選んで使ってみましょう!

2.全体的に血色が悪いなら、ピンクベース!

…そんな悩みをうす塗りで解決してくれるのがコントロールカラー。
いわゆる「化粧下地」ですが、コントロールカラーは、
なりたい肌に、肌の悩みに効果を抜群に発揮します。

ピンクベースのコントロールカラーは「血色を良く」「活発そうに」見せてくれます。

併せて読みたい記事はこちら
新規会員登録はこちら
ページトップ