就活特集記事

  • お気に入り
  • 4SCORE

【最終決断!】就職先の決め方について

【最終決断!】就職先の決め方について

既に就活を就活を終了している人もいれば、まだまだこれからという人、そろそろ就活も終盤に差し掛かってきた人と、様々な人がいると思います。

中には既に複数ない手を持っている方もいるのでないでしょうか。

複数の内定をいただくと、最終的にはどこに就職しようか悩みますよね。

今回は最適な決断が出来るようなアドバイスをご紹介したいと思います。

将来のキャリアプランやライフプランを明確にする!

たくさんの企業から内定をいただくことは、とても嬉しいことですね。

しかし、同時にそのたくさんある内定の内から1つの企業に絞らなくてはいけない苦悩もあります。

そこで、将来のキャリアプランやライフプランを明確にすると、企業をある程度絞ることができます。

例えば女性のライフプランの場合、
・「30歳までに一人目の子どもを生みたい」
・「結婚後は家庭と仕事を両立させたい」

というような明確なプランがある人は、それが実現できる様な制度が整っている企業を絞ることができます。

・「様々な事業を立ち上げて挑戦していきたい」
・「3年後、5年後には重要なポジションや役職に着きたい」

というようなキャリアプランがある人は、様々な事業を立ち上げているベンチャー企業や、努力をしっかり評価してくれる制度が整っている企業に絞れます。

もちろんそのプランも社会人になって変わる可能性も大いに考えられます。

「自分の絶対に変わらない軸」を探し、それが実現できる企業を探してみてください。

プランがまだ明確ではない人は、将来の様々な自分の姿を想像し、とりあえず「自分の将来」に徹底的にこだわりを持ってみましょう。

そうすればおのずとキャリアプラン・ライフプランが明確になってきます。

将来のキャリアプランやライフプランを明確にする!

キャリアプランやライフプランはできるだけ具体的に!

将来のプランを具体的に思い描くとより選択する企業を厳選できます。

例えば、
・3年後はこうなっていたい
・5~10年後はこうなっていたい
・何歳で結婚したい
・何歳で子どもがほしい
・将来どこに住みたい

など、具体的に「いつまでに何をする」と決めておくと良いでしょう。

キャリアプランやライフプランはできるだけ具体的に!

実際に1社に絞る方法

実際に1社に絞るための考え方をいくつかご紹介します。

・自分のやりたいことが出来る企業を探す
・やりたいことがたくさんある企業を選ぶ
・新卒で多くのことを学ばせてくれる企業を選ぶ
・各企業の企業理念・社風・福利厚生・待遇を並べて比較
・優先順位の高い条件が当てはまる企業を選ぶ
・離職率を調べて各企業を比較
・家族、友人に相談
・先輩社員に話を伺う

実際に1社に絞る方法
就職先を決める際に気を付けたいこと

・口コミサイトは鵜呑みにしない
 →口コミサイトは様々な意見が寄せられますが、比較的マイナスな発言をする書き込みが多い傾向にあります。

給与・制度面においては参考にしてもいいとは思いますが、人間関係ややりがいに付いては人によって異なります。

あまり鵜呑みにしないようにし、情報が信頼できるかどうかをしっかり意識しましょう。

・決断をあまり他人に頼らない
 →就職先を先輩社員や家族、友人に相談する人はたくさんいると思います。

その際、あくまでも最終的な決断は自分で行うことを忘れないでください。

参考意見を聞くための相談は有効ですが、決断は他人に委ねない様にしましょう。

・自分のやりたいことにマッチしているか
→企業理念・事業内容・成長速度・社風・福利厚生・待遇・勤務地など、優先順位は人それぞれだと思います。

いくら待遇が良くても、やりたくないことをやり続けるのはできません。

しっかり見て決めていきましょう。

就職先を決める際に気を付けたいこと
まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから長年働く予定の職場です、自分の人生を決める大事な時、こだわって考え抜いていきましょう!

新規会員登録はこちら
ページトップ