体育会系の会社の特徴とは?

上下関係が厳しい

スポーツなどで上下関係が決められていたように、体育会系の会社には曖昧な上下関係が存在せず、はっきりとしています。
こういったことがあり、体育会系の会社では自分の責任や所在がはっきりしています。

目標に対する取り組みがストイックな人が多い

体育会系なので、学生時代にスポーツで大会に出るためストイックに練習に励んできた人が多いです。こういった人は社会人になってからでもスポーツに当てていた力を仕事に発揮する傾向が強いです。

目標やゴールに対して何が必要なのか、何をすればいいのかを考え、達成するまでの期間から短期的な目標を逆算して何をすればいいのかを明確にする姿勢があるのも体育会系の会社の特徴と言えるでしょう。

気合、根性などの精神論が多い

人によって合う合わないは分かれるかと思いますが、体育会系の会社の特徴として気合、根性などの精神論が多いことも特徴の一つとして挙げられます。長所ともとらえられますし、短所ともとらえられます。

長所としては、結果を重視しやすい傾向にあるので組織としては伸び続けるといったところかと思います。短所としては、仕事でミスをしたとすれば”気合が足りない”、”やる気がない”などの精神論で注意されることが多く、人によって合う合わないが大きく分かれてしまうといったところかと思います。

明るく元気のいい挨拶

明るく元気のいい挨拶は誰にとっても気持ちのいいものです。体育会系の会社の特徴としては大きな声で挨拶することが挙げられます。集団で団結して気合を高めることとしてこういった特徴が挙げられます。

場合によっては大きな声を出すということは問題の原因にもなってしまうので、企業によっては控えているところもありますが、社員全員が元気がよく、ポジティブなのが特徴です。

飲み会、社内行事が多い

こちらも社員の会社への帰属意識を高めるためと言えるでしょう。組織として会社が大きくなれば、他部署とのかかわりも必要になってきます。

こういった他部署との関係とやり取りを円滑に進めるために社内行事を開き、話したことのない他部署の社員と交流することで全社的に帰属意識を高めようとするといった特徴も体育会系の会社の特徴の一つです。

何事もチャレンジさせてみる
体育会系の会社の特徴として大きいですが、社員に対してとりあえずチャレンジさせてみるといった傾向があります。初めての仕事だったとしても”とりあえずいいからやってみて”と言われることが多く、こちらも人によって合う合わないがはっきりする部分かと思います。

体育会系だからといって必ずしもブラックとは限らない

中には”体育会系”と聞いてパワハラを連想する人も多いかもしれません。一概には言えませんが、体育会系の会社だからといって必ずパワハラが横行しているとは限りません。
先ほども書きましたように、上下関係に厳しいのが体育会系の特徴です。

ですので、上司と部下の主従関係がしっかりしていることが多く、上司に対して忠実であることが傍から見たときにパワハラが行われているように映るのかもしれません。

体育会系の会社を避けるためにはどうすればいいか?

もちろん、こういった風土が合わない就活生も当然多いと思います。ですので、こういった就活生はどうすれば体育会系の会社を選ばなくて済むのか解説していきたいと思います。
入社した訳ではないので当然100%避けれるわけではありませんが、大体下記の

転職サイトや求人サイトの実際に働いた社員の口コミを見て、体育会系のノリがある旨の内容が書かれていないか確認する。
やはりネット上の書き込みは参考になります。匿名で書かれているため、よほどその会社に対して悪意があったり、その会社のことが好きだったりしないかぎり正直に書きやすいはずです。
現在も働いている社員の口コミ、過去に働いていた社員の口コミを確認してみましょう。会社の風土やノリなどが大体わかるかと思います。
もし体育会系の会社を避けたいのであればネット上の口コミは大変参考になるはずです。

体育会系は就職活動に有利になるのか?

必ずしも有利に働くとは限らないですが、体育会系の人は競争心が強く、勝ち癖がついているためか社会人になって活躍する人は比較的多いようです。趣味程度にスポーツをかじっていた人は別ですが、インターハイまで出場した人は社会人になってからも活躍する人が多いです。
やはり、大会で勝つためには何をすればいいのか日々逆算しながら学生生活を送ってきた人はふとした瞬間分かるものです。面接官もこういった目標に対するストイックさなどをかって採用に至るのかもしれません。
元気があって上下関係もしっかり見に付いているのも理由の一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?体育会系の会社と聞くと怖いイメージやパワハラといったイメージがよぎってしまう就活生もいるかと思いますが、必ずしもパワハラが横行していてブラックな会社とは限りません。
もちろん人によって合う合わないは様々ですが、当然良い側面もあります。
今回紹介したように、体育会系の会社とは合う人には合うし合わない人にはとことん合わないといっても過言ではありません。
自分はそういう環境が合わないと思う人はネット上の口コミを見て判断するのもいいですし、体育会系が良いという就活生はそういった口コミから判断して選考を受けてみるのもいいでしょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ